« このブログを始めた訳 | トップページ | 小泉自民党に1票を投じようとしている方へ »

2005年9月 6日 (火)

偏向報道の集積を!

私が驚いたのは8月30日だったか、公示後初めての報道ステーションでの、政党討論会における古舘伊知郎の態度でした。それまで自分と同世代なこともあり、比較的考え方も近いと好ましく思っていたのですが、当夜の彼は鬼のような形相になって野党を罵倒し、議論の方向性や各党首の発言時間を恣意的にコントロールしているように私には見えました。あまりにもいつもと違う彼の姿を見せつけられたので、当初我が目や耳を疑っていましたが、家族も同様の感想でしたし、ネット上でも同様の意見を多数目にして我が意を強くした次第です。ところが今思い出してみると、その時誰のどんな発言に対しての反応だったのか既に記憶が薄れつつあります。これでは彼らの思うつぼです。圧倒的な伝搬力を持った彼らマスコミ人の横暴を絶対にこのままにしておく訳にはいきません。今のマスコミは政府にしかチェックされないのをいいことに、その権力と結託してやりたい放題を始めたようです。視聴者あっての、購読者あってのマスコミと彼らに再認識させなければなりません。皆で知恵を出し合えばいろいろなことができると思います。まずはどのマスコミ人がどんな事実に反することをいつ、どの番組で言い放ったかのデータベースを作ろうではありませんか。

|

« このブログを始めた訳 | トップページ | 小泉自民党に1票を投じようとしている方へ »

コメント

たびたびすみません。
たまたまこの日の報道ステーションは家族と観てまして、同様の印象を持ちました。
古舘氏が特におかしかったのは、郵政民営化に関してアメリカの圧力がかかっているという話の時です。首脳会談や要望書などの根拠を述べる野党の声をかき消す様に「そんなことはあり得ない」と数回連呼して、そのままCMに突入しました。
ちなみに自民党代表として出演していたのは、次期首相候補とも言われる安倍氏。
私の母は、古館氏が司会をしていた「おしゃれ関係」に安倍氏が出演した縁があるからかばってるんじゃないのかと申してましたが……

投稿: しんの | 2005年9月10日 (土) 19時11分

しんのさん、コメント有り難うございます。昨日の報道ステーションでは古館さん、誤解を生ずる態度だったとお詫びをしていましたが、それでも自分もキャスターであると同時に一市民でもあるからなんて、「ねえ、みなさんそうでしょ? わかってますよね。」といわんばかりの態度でした。しかし、お詫びを言わざるを得なかったのは、相当な数の抗議が行ったんだなあと思った次第です。やはり行動しなければだめですね。

投稿: panta | 2005年9月10日 (土) 21時42分

ご提案に賛同します。

当該の古館(別名コ田原総伊知郎)のふるまいですが、市田忠義氏、小林興起氏の「年次改革要望書」に関する発言「アメリカ政府からの要求~」を「小泉-ブッシュの密約」という、「胡散臭い話」へ追い込もうとしました。「密約」という言葉は2度使ったと記憶しております。

彼が謝っても、私は忘れません。

投稿: Food4Culture | 2005年9月11日 (日) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136135/5817463

この記事へのトラックバック一覧です: 偏向報道の集積を!:

« このブログを始めた訳 | トップページ | 小泉自民党に1票を投じようとしている方へ »