« 偏向報道の集積を! | トップページ | 希望 »

2005年9月 8日 (木)

小泉自民党に1票を投じようとしている方へ


まもなく投票日ですが、もしあなたが小泉自民党に投票するつもりなら今一度考え直していただけないでしょうか。果たして郵政民営化をすれば本当にそれが改革なんでしょうか。思い出してみて下さい。みんな初めは特殊法人のでたらめさや無駄な公共事業に怒っていたはずです。天下りや税金の無駄遣いにあきれ果てていたはずです。改革すべきは特殊法人やそれにお金をまわす財務省でしょう。無駄な公共事業や天下りを中止することもできないで何が改革でしょうか。小泉さんがおこなった道路公団民営化がいい例だと思います。結局無駄だ無駄だと言われてきた道路は全部我々の税金を使って作られることになりました。私たちが憤り、これこそ無くしてほしい、何とかしてほしいと思っていたことは放置され、いつの間にか郵政民営化にすり替わっています。私たちはあの時、郵便局員に対して怒っていたのでしょうか。郵便貯金や簡易保険でとんでもない目に遭っているからなんとしてでも廃止してほしいと願っていたのでしょうか。逆に言えば郵政民営化したら特殊法人や天下りが無くなるのでしょうか。郵政民営化したらそれだけで無駄な公共事業は無くなるのでしょうか。私はそうは思いません。民営化しようがしまいが、政府が国債を発行し続ける限り、郵政公社(民営化した場合は郵貯会社と簡保会社)も民間の銀行もそれを買い続ける仕組みは変わらないでしょうし、財務省がそれで捻出したお金を特殊法人に回し続けることも変わらないと思います。財務省や特殊法人の方をそのままにしておいて何で郵政公社ばかりに執着するのでしょうか。よく小泉さんは民営化されたら30万人前後の公務員が削減されると強調しますが、郵政公社は自分たちのもうけ分で職員の給料を払っていますので、ただ単に身分の名称が変わっただけで税金がその分節約されるわけでも何でもありません。また郵貯・簡保の資金が民間に回ると盛んに言っていますが、一方でこれらの巨額の資金は外資を中心とした大手の金融機関の手に落ち、アメリカの国債などの購入を通してアメリカの巨額の財政赤字の穴埋めやイラク戦争の戦費に回されるという危惧も常にささやかれています。もちろんそれぞれの立場の考え方があって、どちらが正しいとは言えないのかもしれません。しかし小泉さんはその考え方を真摯に我々に説明してくれたでしょうか。私にはただ「改革」,「改革」とばかり連呼してそのムードで一気に物事を解決してしまおうとしているようにしか見えません。しかも前に述べた郵政公社の職員の給料の件や外資の支配に対する根強い懸念など、百も承知のくせにこの国の選挙民には「改革」の連呼が一番効果的とばかりに、やれ30万人の公務員が削減される、やれ官から民に資金が流れると強弁します。さらに私が許せないことは、まるでヒトラーがユダヤ人にしたように、政治に不満を持っている人の憎悪の矛先を巧妙に郵便局の人々に向けさせていることです。もちろん特定郵便局の世襲制に関しては私も廃止に賛成ですが、今の郵政公社のままでもすぐにできることだと思います。また労働貴族という言葉が示すように現在の労働組合や労働運動にはいろいろな問題があるのかもしれませんが、それは郵便局に特有の問題ではないはずです。そもそも経営者側と雇用されている一人一人の労働者とどっちが強い立場に立っているかなんて小学生でもわかることです。経営者は労働者を解雇することができますが、労働者が社長の首を切ることはできません。だからこそ労働組合法や労働基準法があるわけで、もし自分や家族が明日にでもリストラされるかもしれないとなったら、あなたは「ようやく改革の成果が出てきたな」といって喜びますか? 弱い立場のものが協力して自分たちの不利益をしのごうとすることを非難できるでしょうか。もしそれが社会全体の発展のためにやむを得ないことなら、十分な説得と手厚い救済策がとられてしかるべきでしょう。にもかかわらず小泉さんは郵便局の人々をやれ「抵抗勢力」だ、やれ「既得権益者」だと公衆の面前で罵倒します。皆さんの接する郵便局の人々は、そんなに非難されなければならない人たちですか? かれらが悠々と天下りをして、目の飛び出るような退職金をもらっていますか? 郵便局の人たちが指令を出して無駄な高速道路や必要のないダムを次々と造っているのですか? 特殊法人や、各省庁からの天下り、財務省の国債の垂れ流し、無駄な公共事業の問題はどこに飛んでいったのでしょうか? 繰り返しますが、これらの事情を十分承知の上で小泉さんは、この国の選挙民には単純にイエスかノーかの方が支持を得られるとの打算から、作戦として「今度の選挙は簡単だ、郵政民営化に賛成か反対か、○か×かだけでよい」などとうそぶいているのです。かつてこんなに国民を馬鹿にした、誠実さのかけらもない選挙があったでしょうか。あなたが政治の現状に不満を抱いて、何かを変えなければと考え、小泉自民党の「改革」イメージに賛同したのはよくわかります。おそらく小泉自民党を今支持している人の相当数が同じ理由からだと思います。でもこのまま深く考えずに日本の未来を決める大事な大事なあなたの一票を、小泉自民党に本当に入れてしまっていいのですか? 選挙はもう目前です。私はあなたの腕をつかんで揺さぶってでも、もう一度よく考えて投票して下さいと、心の底から切に、切にお願いしたいと思っています。

|

« 偏向報道の集積を! | トップページ | 希望 »

コメント

野党も含めて、自民党批判を叫ぶ方々に共通するのは、批判のための批判に終始するという事。つまり小泉政権の駄目出ししかできないという事だ。
批判は良いが、それに対する具体的な対案が求められるにも関わらず、どのような政策、政府が正しいのか明確に示すことができない。
所詮、政治というものは試行錯誤によって成立するものであり、野党各党の掲げている大雑把な対案が、我々日本国民を豊かな生活に導けるかどうかは誰にも判らないのではないだろうか。
ただ一つ言える事は、その政策の是非は別にして、現在最も実行力・実現力を持っている政治家は、なんだかんだ言っても小泉純一郎であろうという事だ。

投稿: 通行人 | 2005年9月 9日 (金) 09時08分

段落に分けるなり冒頭に主張を箇条書きするなりして、もうちょっと読みやすい文章にしてくれるとありがたいです。

また、そうすることでご自身が強調したいことや、自身の主張の弱点も見えてくると思いますよ。

いきなりヒトラー呼ばわりしたり、「郵政公社でもできるはず」と根拠無しに言い出したり、小学生並みの経営者-労働者観を持ち出したりすることで、どれだけ説得力が弱まってしまっているか分かるはずです。

投稿: izagon | 2005年9月 9日 (金) 12時29分

通行人さん、コメント有難うございます。その「試行錯誤によって成立する政治」のブレが今回はとてつもなく危ない方向に向かっている気がして(こうなると感情論になってしまいますが)、今までの選挙の時には感じたこともなかった言いしれぬ圧迫感に追い立てられるように、いっきにこのブログを立て文章を書いてしまった次第です。日頃文章を書くことに慣れていないため、izagonさんに指摘されたように読みにくい文章になってしまいました。それとizagonさん、「小学生並みの経営者-労働者観」とは恐れ入りましたが、どう言われようと今の小泉さんの詐術的手法には納得がいきません

投稿: panta | 2005年9月 9日 (金) 13時29分

pantaさんの意見に全面的に賛成。

通行人さんは、何の根拠で小泉に実行力が
あると言うのか?教えて欲しい。
俺は、小泉みたいな詐欺師はいないと思うが

izagonさん、あんた頭悪すぎ。
ヒトラー呼ばわりの何が悪い。小泉を解りやすく表現しただけだろう。
それに、郵政公社でも出来る事は、ちゃんと
根拠があって言っているのだよ。
それを国民に、小泉が言わないのは
自分が不利になるからだ。

投稿: でん | 2005年9月12日 (月) 15時46分

通行人とやら、おまえ・・・
そーかO会だろう。

批判だけでダメだししているわけではない。
法案なども委員会レベルだとあまり大きく
報道されていない現実がある。
民主党は対案なり法案はあげているぞ。
それに小泉の骨抜き郵政案はいけねー。
矛盾が多い。
27万局すべて潰さないなんて大嘘。
民営化とは利潤追求すること。
大半は赤字だから潰れるに決まっている。
いいかげんな小泉に「真の改革」は
出来るわけがない。

投稿: ff | 2005年9月14日 (水) 00時47分

他人のブログで他人とやり取りをするのも
はばかられることではありますが、ひとこと。

軽率に他人を「ヒトラー」と呼ぶのを批判したのは、
ユダヤの被害者の人々のことを慮ってのことです。
また、ヒトラーがやったことと、小泉首相がやって
いることとの間に、相当な近似がないと、表現は
行き過ぎてしまって説得力を無くすからです。

小泉首相は何十万人の人間を、虐殺したり
したのでしょうか?
小泉首相が虐殺者なら、ヒトラー呼ばわりは
分かりやすい表現ですが、民主的選挙のもとで
たまたま地すべり的に勝っただけの人間を
そう呼ぶのは、かえって分かりにくい表現です。
せいぜい「ポピュリスト」と呼ぶのが妥当でしょう。

それにしても、ここに小泉首相に批判的な
コメントを書いている方の決めつけ方のひどさは
目を覆いますね。ヒトラーの次は創価学会ですか。
もうちょっと理性的にやりましょうよ。
ブログのオーナーさんも、ご自身の味方と
とれる意見でも、いい加減なコメントにはそれなりの
対応(批判的なコメントをつけるとか)をしないと、
ご自身の意見にも説得力が無くなってしまいますよ。

投稿: izagon | 2005年9月27日 (火) 18時26分

izagonさん、コメント有り難うございます。

ヒトラーの例えがとてもお気に障っているようですが、
本文でも書きましたように「政治に不満を持っている人の
憎悪の矛先を巧妙に郵便局の人々に向けさせていること」が、
許せなくてこういう例えをしてしまいました。

あなたに不快な思いをさせて申し訳ありません。

ただ今度のことで私の頭に真っ先に浮かんだのがヒトラーのやり方でした。きっと小泉さんのことが大嫌いなためでしょう。

「ユダヤの被害者の人々のことを慮」るあなたの優しい気持ちには
我が身が恥ずかしくなりますが、おそらくこの吹けば飛ぶような
私のブログが関係者の方々の目に触れることはまず無いと思いますので、
御安心下さい。

それからコメント欄の御意見に関しては、いい加減な意見かどうかは
私が判断したり反論するまでもなく、皆さん御覧になれば一目瞭然
だと思います。

投稿: panta | 2005年9月29日 (木) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136135/5848021

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉自民党に1票を投じようとしている方へ:

» 自民党の勝敗ラインは3分の2確保? [とりあえず]
郵政民営化賛成の意見が知りたいと、首相発行のメールマガジンを読んだ。率直なご批判が大事らしいので、率直な感想を書いてみた。 読んでみて思ったことだが、自民党は3分の2を確保して初めて勝ったといえるのであって、それ以下であれば小泉さんは退陣するのが筋ではないか、ということである。 8月8日、衆議院を解散いたしました。小泉内閣の「改革の本丸」と位置づけてきた郵政民営化法案が参議院本会議で否決され、廃案となりましたが、私は本当に国民の皆さんがこの郵政民営化は必要ないと思っているのか、直接... [続きを読む]

受信: 2005年9月 8日 (木) 21時51分

» 小泉自民党は新しいと思ってしまう:お人好しにもほどある [ニャンタのぐうたら日記]
私の居住すす選挙区では、自民党の候補者は従来の方。 選挙をやっている人々も、まったく変わっていないようです。 もちろん「郵政民営化」「改革を止めない」「自民党は変わった」などと演説はしているようだが、具体的な中身は特にきかれない。党首のいってることをオウムのように言っているだけ。だいたい質問しようとしても、そういう人間がいることが不審なようです。 自民党の執行部は、確かにイメージとして「自民党をぶっ壊す」に表現される手法を使っていることは事実でしょう。簡単にいえば、メディアを使った..... [続きを読む]

受信: 2005年9月 8日 (木) 23時56分

» [by-talk] 小泉政治を勝手に総括 [モジモジ君の日記。みたいな。]
経済、外交、社会保障等、と分けて勝手に総括してみる。 経済 デフレ脱出なくして景気回復はないし、景気回復なくして構造改革も無理。見当違いの対策(=構造改革)をとっている限り、国民に痛みを求めている限り、絶対に景気は回復しない。 参考: 不況は神罰ではない 文科系人間から見た「小泉改革の本質」@bewaad.com (↑bewaad氏の記事はとても分かりやすい。お勧め。似たようなことを「結局さっさとリフレ策やれって話になるわけか」で書いたけど、bewaad氏の記事の方が断然分かりやすい。)... [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 00時17分

» ■平和憲法を擁護する声は改憲勢力に託せない。 ブログ「世に倦む日日」に思う [平和・自由・民主主義とインターネット]
 消費税の大増税と、改憲を容認する民主党に、社民党と共産党という護憲派の支持を回すことはどんなものか。 ●ブログ世に倦む日日より引用 共産党は小選挙区票を民主党に流せ − 社民と共産は合同せよ 「社民共産の二つの政党の併存現実こそ、まさに絶望と不条理と政治不信の根幹」 (抜粋)日本の国民を政治不信に陥れている根本的な責任者は、実は共産党と社民党の二党なのではないか。この二党はなぜ一党に纏まって選挙戦を戦おうとしない... [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 01時05分

» 郵貯に外資が入ってくることは問題か [阿川大樹的小宇宙]
「過疎地の郵便局がなくなる」 「郵貯がハゲタカファンドに奪われる」 というふたつ [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 05時39分

» 誰に投票すればいいのか? [鯉狂いの徒然なるままに]
総選挙の投票日がいよいよ今度の日曜日となりました。 このBlogでも以前書きまし [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 09時17分

» 「鬱陶しいバカなオバサンたち」 [0 1/2 ]
繰り返します。 とても税金が有効に使われているとは思えない、 そし [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 11時10分

» 郵政民営化賛成! [ネットの片隅で...]
衆議院選挙 | Excite エキサイト : 政治ニュース特集 郵便貯金、簡易保険で集めたお金の行き先がまずいです。 このお金を絶たなければ行財政改革は進みません。 お金を絶てば自然と兵糧攻めで無駄がなくなります。 利権や無駄遣いをなくさないと。 選挙には必ず行きます。... [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 21時34分

» 続 郵政飛脚 [温泉 コンパニオンの☆裏ネタ全開☆]
選挙キャンペーン 旧来型族議員の自分への利益誘導型の政治家を選挙で落とす運動です。。 民に利益誘導しているようにみせかけるのがウマい 私腹太りの詐欺師を国会から退場させよーー。 お待たせ致しました。政治家の先生の大好きな 現ナマゲーム いってみよーーーー (... [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 22時43分

» 国民が騙されていることに気づいたとき [このままでいいの?ニッポン]
 9月7日のブログ「国民を騙すような候補者・政党は支持できない 」でも述べましたが、小泉自民党の悪質なプロパガンダにほとんどの国民が騙され、郵政民営化を支持しているのが実態です。  実際に9月9日の西日本新聞への42歳女性の投稿に次のようなものがありました。 (ここから) 「勘違いしていた民営化の議論」  各党代表による討論番組を聞いていたら、「郵便局には税金は投入されていない」という発言と「法人税を払っていないのだから税金を投入されているのと同じ」という反論が聞こえてきた。  単に自... [続きを読む]

受信: 2005年9月10日 (土) 02時13分

» 国民を騙すような候補者・政党は支持できない [このままでいいの?ニッポン]
 総選挙投票日が近づいてきました。   小泉首相・自民党は郵政民営化を唯一の争点としています。  しかし、小泉首相・自民党は国民に対し嘘をついています。  たくさんの嘘がありますが、その中の2点について取り上げてみます。  第一は、「小さな政府」の嘘です。  小泉首相は郵政民営化を唯一の争点とし、竹中大臣・自民党幹部・候補者たちとともに口をそろえて「小さな政府か大きな政府か」「役人天国でいいのか」と同じせりふを繰り返しています。  その結果、各世論調査によると、国民の郵政民営化問題へ... [続きを読む]

受信: 2005年9月10日 (土) 03時05分

» 政治を語る。 [Drip Language]
衆議院選挙 | Excite エキサイト : 政治ニュース特集 郵政民営化 | Excite エキサイト : 政治ニュース特集 昔から個人のホームページで扱ってはいけない話題が3つあると 言われていました、それは政治、宗教、野球です。 (なかなか議論に結論がでない争いの話題だからですかねぇ) しかし、最近のブログをみると、普通に政治や経済、時事ネタ 野球といままでタブーとされていた話題が数多く扱われています。 良いことだなぁと思います。 さて、このブログでは日々どうし... [続きを読む]

受信: 2005年9月11日 (日) 04時19分

« 偏向報道の集積を! | トップページ | 希望 »