« 国保崩壊(転載) | トップページ | 柏村武昭議員先生さま »

2006年6月21日 (水)

岩国市民は爆薬のヒューズを切断するか?

Kasaihiroyuki

JR東海会長の葛西敬之という人が「地球を読む」という6月18日(日曜日)の読売新聞1面を飾るコラムに書いています。(1面から2面にまたがる長文のコラムなので、全文を読みたい方は図書館でどうぞ。)

題して、〜「民意」問う歴史の教訓(副題:岩国市の住民投票)〜
彼は岩国市の住民投票と市長選挙の経緯を見て次のような歴史的事実を連想したそうです。


第2次世界大戦直前の英・仏とドイツの関係の歴史である。(中略)
アンドル河畔のある村では、フランス軍がドイツ軍の進撃を遅らせるために橋梁に仕掛けておいた爆薬のヒューズを、村人が切断してしまった。自分たちの家や店舗を戦闘により壊されたくなかったのだ。またポアティエの市長はドイツ軍に降伏すべく、車に白旗を掲げてフランス軍陣地の前を走り去った。そして市民たちは、フランス兵が構築したバリケードを破壊すると言って兵たちを威嚇した。
一部の人たちの利益を守ろうとする「民意」が、時に全体の利益を著しく損ない得るということをこの例は如実に示しているように思われる。(中略)
「民意」は尊重されなければならない。しかし一部の利益が過剰に主張されたとき、それはブーメランのように自分に戻ってきて、自らを傷つける凶器となる。

何と悪意のあるすり替えでしょうか。

Iwakuni

全文を通して、岩国市民への思いやりは一切ありません。
彼は何度も、「一部の人たちの利益」と言っていますが、騒音や墜落の危険から逃れたいというのが、「一部の人たちの利益」すなわちエゴというのでしょうか?

御自分も一族郎党も米軍基地のすぐ近くに住み、そこに会社もあり、毎日の轟音や墜落の恐怖におびえながら、仕事や日々の暮らしをしているけど、自分は全体の利益のために我慢していると言うのならまだわかります。
でもそうではないはずです。自分や家族はとても環境のいいところに住み、会社では快適な会長室でお過ごしのはずです。

そのうえで、騒音や墜落の恐怖から逃れて最低限の生活の質を守りたい(それもこれ以上重荷が増えるのがいやだという)だけの岩国市民の悲鳴を、どこかで仕入れたフランス人の利敵行為の逸話にすり替えて得意げに、非難しているのです。

岩国市民はもし戦争が始まったら、みな敵の味方をするというのでしょうか?

太平洋戦争では国家の思惑はともかくとして、多くの若者が純粋に祖国や愛する人々を米国の侵攻から命をかけて守ろうとしたが果たせませんでした。結果として現在わがもの顔でこの国を操っている米国の、そのお先棒を担いで、まるで自分がアメリカ政府の要人のように世界戦略を得意げに語る彼の方こそ、散っていった当時の若者からしたら利敵行為の売国奴でしょう。

心ならずも自分の地元に米軍基地がある、そのために騒音に苦しめられ、墜落の恐怖におののいて、反対することのどこが悪いというのでしょうか!

そして彼の言う「全体の利益」とは、きっと彼が主要なメンバーの一人と思っているこの国の支配層の利益のことでしょう。

Usf


葛西さんとやら、JRの会長さんと言うことなので、あなたはきっととても偉い人なのでしょう。私は知りませんが、きっと政府の偉い人達の会議か何かのメンバーにも選ばれているのでしょう。


でも、いくら大企業の会長に上り詰めて、大新聞の日曜1面のコラムニストに選ばれるようになったからと言って、勘違いしてはいけません。あなたが、唯一無二の特別な存在と思っているとしたら、大間違いです。


代わりはいくらでもいます。(いつも思うのですが、本当に代わりはいくらでもいるのです。)


不謹慎なことを書きますが、もしこの瞬間にあなたが不幸にもこの世を去ったとしても、会社も世の中も一瞬悲しみの表情をしてみせたあと、すぐに何事もなかったようにまた動き続けるでしょう。
なにせ代わりは山ほどいるのですから。そしてあなたのことなどすぐに忘れ去られるでしょう。


しかし、米軍基地がある限りは周辺住民の苦しみは未来永劫に続くのです。


あまり偉くなりすぎて、普通の人達が虫けらのように見えるのかも知れませんが、まず御自分が轟音の下でお暮らしになってみて、それから大新聞にでも何にでもご意見をのたまったら如何ですか。

JR東海会長、葛西敬之さんに岡林信康の「がいこつの唄」をお送りします。


がいこつがケラケラ笑ってこう言った
どうせてめえらみんなくたばって
オイラみたいになっちまうのによ

だれがえらいもあるもんけ
どうしてそんなに
でっかいつらをやりたがるのか
(以下略)

|

« 国保崩壊(転載) | トップページ | 柏村武昭議員先生さま »

コメント

あまりにもの見識のなさです。これが一面記事ですって!!

米軍が来るのを阻止するということは、戦争を仕掛けられる理由の一つをなくすことであって、フランスのたった一つの小さな村がドイツ軍の来るのを阻止したことに匹敵する。歴史的快挙であった、と書くのなら納得します。

投稿: KUMA0504 | 2006年6月22日 (木) 09時01分

KUMAさん、コメント有り難うございます。

読売新聞の毎週日曜のこのコラムは、あの引きつった笑顔に彼の人間性のすべてが表出している岡崎久彦がよく威勢のいいことを書いているので読まないのですが、今回は題名に気を引かれて読んでしまい、怒りが治まらずブログに載せました。

投稿: panta | 2006年6月22日 (木) 15時15分

この葛西というのは最低の勘違い男である。

国鉄を民営化したと得意になって威張り散らしているが、民営化して、一体どこが良くなったというのか。乗客はギュウギュウ詰めの車内で立ちっぱなし、本も新聞も読めず、挙句の果ては痴漢で逮捕と、碌なことがない。
しかも、駅員は無責任でバカばっかり。

この勘違い男は、文才もないのにあちこちに寄稿して得意になっている。 私の住んでいる神奈川の新聞にも時々、説教めいた駄文が載っているが、良心を失った人間の説教ほど空しいものはない。岡崎久彦の説教も同様。

投稿: デカルト | 2006年6月23日 (金) 01時13分

デカルトさん、コメント有り難うございます。
説教じみたことを言う人には気をつけた方がよいということでしょうね。

投稿: panta | 2006年6月23日 (金) 08時22分

pantaさん、お久しぶりです。
とんでもない論法の記事が新聞に載る、それを許す新聞、それを読んで感じない人がいる、そんな流れの中で徐々に「状況化」してゆく・・・そしてもう少し狂った記事が載る・・・「おかしい」と言い続けるしかないですね。

国会閉幕直前に自民党は「共謀罪、民主党案をはきだし」て、独自修正案を国会の委員会審議なしで議事録記載(だったか?)で提出しました。継続審議で秋に決めるつもりですよ・・・心してかからないといけません。
ではでは。

投稿: こば☆ふみ | 2006年6月26日 (月) 00時11分

こば☆ふみさん、コメントどうもすみません。

本当に「おかしい」ですし、「おかしい」と言い続けなければなりませんね。
ブログを始めて、そう感じている人たちが多くいることを知り勇気づけられます。

投稿: panta | 2006年6月26日 (月) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136135/10609789

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国市民は爆薬のヒューズを切断するか?:

» 権力との付き合い方「初恋」 [再出発日記]
監督:塙幸成  出演:宮崎あおい、小出恵介、宮崎将、小嶺麗奈、柄本佑1968年の年の暮れに起こった三億円事件の真相を語る映画。50代の人にはたまらない映画だろう。「あの時、俺はどこで何をしていたのだろう……」そんなことを必ず突きつけてくる作品である。そ...... [続きを読む]

受信: 2006年6月22日 (木) 09時03分

» 麻垣康三 どれもいや! [とくらBlog]
 お玉おばさんが、みんなは誰に総理になってほしいの?と、麻垣康三の中で誰がマシか・・というエントリーに続いて書いておられます。自民党の中で選ぶなら、加藤紘一さん、と書きたかったけど、昨日はホントにばたばたしていたので、そのままにしていて、今朝、やっとコメント欄に参加しました。でも、たしかに、華氏451度さんの言われるとおり、「どちらがマシか」の話ではないですね。  以前から安倍さんだけはいや!と(最近、まったく自信のなくなった)私の感性が言うので、キャンペーンはがんばっていきたいと思います。1ヶ月... [続きを読む]

受信: 2006年6月22日 (木) 09時36分

» 「合同結婚式、6500人の行方を捜して」被害者家族が訴え(CHRISTIAN TODAY) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
6月19日付けの時事通信によれば,日本基督教団統一原理問題連絡会と全国霊感商法被害対策弁護士連絡会は19日東京都内で記者会見し,統一教会の偽装団体である天宙平和連合祖国郷土還元日本大会に祝電を送った安倍官房長官,保岡興治元法相に,祝電を送った経緯などを問う質問状と抗議文を送付したことを明らかにした.→安倍官房長官らに質問状=「統一教会ダミー団体」に祝電で(時事通信) 下記は本年1月18,19日に韓国教会百周年記念館で開催された統一協会問題日韓教会フォーラムを報じるCHRISTION TODAYの記... [続きを読む]

受信: 2006年6月22日 (木) 11時05分

» 還暦のロックミュージシャン「反戦」を歌う! [BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」]
ニール!あなたはまだヤングの心を忘れていない! きくちゆみさんのブログの右サイドにニール・ヤングのアルバムのバナーが貼ってあったので気になっていました。今日、このブログに詳しいコメントを書いていただいている... [続きを読む]

受信: 2006年6月22日 (木) 12時12分

» 最高裁は内閣のイヌになったのか! [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
最高裁、憲法判断回避か 首相靖国参拝訴訟23日判決 (共同通信) - goo ニュースについて。  日本国憲法20条にはこう書いてある。「信教の自由は,何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も,国から特権を受け,又は政治上の権力を行使してはならない。」  そういう意味では,創価学会すなわち公明党も存在そのものが明らかに憲法20条に違反している。憲法20条を破ってまで,宗教法人・靖国神社へ参拝しようと言う自民党... [続きを読む]

受信: 2006年6月22日 (木) 13時19分

» お玉の過去記事 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
コギトエルゴスムさんをお玉のあちゃこちゃに飛びまくるエントリーに翻弄してしまった・・らしい・・その日の気分で書いてますし、そもそも大それた政治ネタは書けないので、掘り下げられない・・(考察してくださるのはいつもコメンテーターの皆様m(_ _)m)実は結構....... [続きを読む]

受信: 2006年6月22日 (木) 23時27分

» 迎撃ミサイル開発のためのテポ丼 [BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」]
1.裏では全て繋がっている! 「魔のトライアングル」の図が広まっている。こんなことは昔から考えていたことなのだが、世の中ではまったく違った構図が真実と思われているためかインパクトがあるようだ。桃太郎なんて... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 16時14分

» テポ丼より怖い狂牛丼 [BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」]
検査をしたら良いという問題ではない どうも今のマスゴミというのは情報を伝えていても表面だけで根本的なことを何も伝えていない。狂牛病の問題もまったく同じで米国産の牛肉は「検査がいい加減だから危険部位の背骨が... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 10時08分

» 気になることが多すぎるけど、とりあえずメモ [とくらBlog]
 TBいただいたのに読めていない記事が気になっていたので、朝から少し前のTB記事を読ませていただき、ちょっとタイミングがずれてしまったかもしれませんが、TBを返したり、その記事へTBされている方のブログへ読みに行ってみて、TBを送ってみたりしていたら、すぐに出かける時間になってしまいました。でも、まだ読めていない記事が残っています。わぁー、気持ち悪いよー。  気韻頭日記さんの柏村(参・自)議員がNHKに介入!?や権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!さんの岩国の住民投票のこと(岩国市民は爆薬のヒュー... [続きを読む]

受信: 2006年6月27日 (火) 12時40分

» ヤラセについてのアンケートです! [BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」]
左の写真は穴あきさんところから頂いてきたものです。写真をクリックすると穴あきさんのページに飛びます。今のところ、ブログを発表した結果、画像なり、リンクなり貼っていただくブログの数が4つ以上だとホームラン、3つ... [続きを読む]

受信: 2006年6月28日 (水) 16時12分

» 日本の秘密兵器は女性? [とくらBlog]
 さとうしゅういちさんの広島瀬戸内新聞ブログ版で、三井マリ子さんの陳述書を読んでという記事を見つけ、男女共同参画推進に対する世の中の変化にびっくりして、ずっと気になっていたのですが、昨日は、三井マリ子さんの館長雇止め・バックラッシュ裁判、第二回証人尋問の日だったようです。  第一回証人尋問については、5月23日の広島瀬戸内新聞ブログ版で、ご報告してくださっていますが、昨日の第二回については、館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会が報告してくださっています。朝、のぞいた時は、まだでしたが、今日、... [続きを読む]

受信: 2006年7月 5日 (水) 19時40分

« 国保崩壊(転載) | トップページ | 柏村武昭議員先生さま »