« うそつきテレビ | トップページ | 岩国市民は爆薬のヒューズを切断するか? »

2006年6月18日 (日)

国保崩壊(転載)

Kokuho

晴耕雨読さんのところに、象徴的な記事が載っています。

luxemburgさん経由で読みました。
旨くまとめておられますので、luxemburgさんのエントリーから勝手に転載させていただきました。

 北九州の小倉市に住む 武田正夫さんと、幸枝さんは結婚をした。その後、結婚生活6年目に会社が倒産、二人はその日の暮らしにも困るようになっていった。  前年の収入を基準に、二人に課せられることになった国保保険料額は、年間40数万円。夫のアルバイト生活では払えない。

◆ 離婚
 持病のある幸枝さん、正夫さんのアルバイト代だけが頼りとなれば、生活するだけで精一杯だった。困りはてた二人が考え出した結論は離婚。離婚して一人だけの世帯となれば、幸枝さんに、正夫さんとは全く別に新たな健康保険証が交付される。
 すきあって一緒になったのだから離婚する気なんて全くなかった。しかし、保険証を手にいれて死をまぬかれるために二人で泣く泣くそうした。離婚は、幸枝さんは 泣いていやがっていたという。

◆ 構造改革特区
 北九州市は、この後に、小泉構造改革特区の募集で全国でも構造改革特区一番乗りをしたところ。
小泉構造改革のもとで、失業などで困りきっている市民に対して情け容赦なく国民健康保険料を徴収し、すこしでも払うのが遅いとちゅうちょせずに保険証をとりあげる「モデル市」となった。この特別区でうまくいったことはすみやかに全国に広げるようにせよと米国から強い圧力がかかっている。
 結局、幸枝さんはのちに小泉構造改革のモデル特区となる北九州市の市役所によって支払い期限を無期に延長される誓約書を書かされ、支払うことができなかったため保険証をとりあげられ、窓口で10割の負担を支払うようにされた。
そしてついに3月30日に自宅で動けなくなり、救急車で入院し、わずか3日後の2001年4月2日に息を引き取る。まだ32歳だった。

◆ 全身が病気
病名はバセドウ氏病 糖尿病 胃潰瘍 肺炎 全身出血。死因は衰弱死。
幸枝さんの死後、家の中を泣きながら整理していた正夫さんは幸枝さんがつけていた家計簿のなかに一枚の紙片がはさまれているのに気づいた。

正夫様
いつも具合がわるくてごめんなさい。
正夫ちゃんには いつも迷惑ばっかりかけてごめんなさい。
今の幸枝の体は、いままでで一番つらい状態です。
自分ではどーしようもないくらいです。
だからインスリンうちました。
もし、正夫ちゃんが、かえってきて幸枝がへんになっていてももうあわてないでください。
はっきりいってこんな風なら「死んだほうが楽かも」と思っています。
結局迷惑かけっぱなしでごめんなさい。

いつまでたっても元気にはなれないし、正夫ちゃんにはもうこれ以上めいわくかけたくないの。
何もしれやれん。
病院にも行けない。
手術もできない。
普通に元気にでいいのに。
何でうまくいかんのやろうね
注射打ってもいき続けて、私っていったい何者?
人間じゃないよ
これからの長い人生、ずっとこのままじゃ気が狂うよ。
どんたく楽しかったよ。
ありがとう。
私の出会った人の中で
あなたが一番いい男でした。

どんたくは福岡のお祭り。彼女が死んだのが4月2日でどんたくが例年5月3、4日ぐらいにやるから、彼女は約1年前の祭りのことを「どんたく たのしかったよ ありがとう」といっていたのだろう。

luxemburgさんが述べられているように、
「具合が悪くてごめんなさい」と謝らなければならない国、「普通に元気でいいのに」、ただそれだけのしあわせが与えられない国
になることが、小泉さんの言う「痛みに耐えてよく頑張った」結果でしょうか!

今朝の読売新聞では、給食費や学用品代、修学旅行費などの「就学援助」を受けた小・中学生はこの4年間で約36%も増え、全体の1割を超える!計約133万7000人とのことです。

文科省が各市町村の教委に行ったアンケート調査の結果では、増加原因の理由は「企業の倒産やリストラ」がトップとのこと、景気がよくなったというのはどこの国の話でしょうか?

「小泉改革」とは、多数の貧しい人々を作りだして、その分の富を少数の「勝ち組」に掻き集めているだけのことなのでしょう。

|

« うそつきテレビ | トップページ | 岩国市民は爆薬のヒューズを切断するか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136135/10577013

この記事へのトラックバック一覧です: 国保崩壊(転載):

» ネットの無い部屋は留置場? [BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」]
      1.ネットが使えない! 6/19早朝wrote 急にネットにアクセスができなくなった。光ケーブルが開通して8ケ月ぶりのことである。それだけ長くトラブルがなかったのも珍しいがネットワークの知識を忘れ... [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 18時08分

» 国保崩壊は人間の、人の心の崩壊 [とりあえず]
 晴耕雨読さんのページは好きなのだが、難しくてたいてい解読できず、トラックバックしようにも自分ところの記事でピッタリ来るものがなくていつもどうしようと思っているのだが、今回は来た。 晴耕雨読さんところが孫引きらしいのでひ孫引き。でもいいんだ、大事なことだから。 元は国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジンだそうだ。 ここからちょっと長いが抜粋して引用。  北九州の小倉市に住む 武田正夫さんと、幸枝さんは結婚をした。その後、結婚生活6年目に会社が倒産、二人はその日の暮らしに... [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 19時39分

» 安倍総理待望論の奇怪 [喜八ログ]
安倍晋三内閣官房長官は、長年にわたり「将来の総理総裁候補」と言われ続け、ついには「次期総理の大本命」と目されるまでになりました。 共同通信社が今月17??18日に実施した全国電話世論調査では、次期首相にふさわしい人として安倍晋三氏が「45.6%」でトップ。2位福田康夫氏の「24.3%」に「21.3...... [続きを読む]

受信: 2006年6月21日 (水) 20時56分

» 2005年度医療費総額増加 どこに歪みの構造があるのか? [ファミリー メンタル クリニック]
初の診療報酬改悪による病院側の実質減収と、高齢者や社会保険支払い本人への3割負担など厚生労働省は医療費抑制のため政策を実施しているにもかかわらず、昨年度の医療費は増加した。結局、保険収入を減らすような誘導や窓口負担を増やすようなことをしても医療費は下がらないのだから別の方法を考えるべきだろう。... [続きを読む]

受信: 2006年6月22日 (木) 11時45分

» 偽メシア文鮮明の統一教会を日本から叩き出せ!不浄な金にたかる恥知らずの政治屋どもを議場から駆逐せよ! [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
前便の『「合同結婚式、6500人の行方を捜して」被害者家族が訴え(CHRISTIAN TODAY)』の結語で私は,「金が彼の諜報機関を使って行った隣国の主権を侵犯する拉致行為と文が彼にマインドコントロールされた盲目的信者を使って行う越境的強制結婚式の本質は国際謀略という点において同一であり,国際的組織的犯罪行為である.」と述べた.読者は「いやはや,合同結婚式が国際謀略だって?脳内電波出現!」とか言われるかもしれない.「日本には信教の自由があるじゃないか.合同結婚式は婚姻は両性の合意のみによるという憲... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 10時21分

» 【統一教会祝電事件】性懲りもない保岡興治元法務大臣,6年前の参院決算委での釈明なぞけろっと忘れて [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
どのツラ下げて登場するのか今から楽しみだ. せいぜい想定問答集でも書いてリハーサルしておき給え. ←よろしかったら,どうぞ!第149回国会参議院決算委員会第2号平成12年8月30日 ○福島瑞穂君 社民党の福島瑞穂です。  まず、保岡法務大臣にお聞きします。  統一協会の信者で、統一協会の合同結婚式に出席していると写真入りで報道された山下さんは法務大臣の秘書官ということで間違いないでしょうか。 ○国務大臣(保岡興治君) 間違いございません。←うわさ通りということだ! ○福島瑞... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 02時31分

« うそつきテレビ | トップページ | 岩国市民は爆薬のヒューズを切断するか? »