« 拝啓、安部晋三さん | トップページ | 階級史観 »

2006年9月 8日 (金)

がんばれ、皇太子御一家!

Prince

以下は、私の親しい人が出席したある食事会でのひとこまで、正真正銘の実話です。

その人物は口をもぐもぐさせながら、ひとしきり紀子さんの男児出産と御一家のことを賞賛した後、雅子さんや愛子さんについて「あの一家は外国に行った時はあんなにニコニコ笑って、そんなに外国がよければ向こうに永久に行ってしまえばいいんや、ガハハハハハ!」と嘲笑したそうです。周りにも同調者が多く、私の知人はびっくりしたそうです。

隣国の人々や、高齢者、生活保護を受けている人々に対する彼らの態度は、前からこの知人に聞いて知っていましたが言わずもがなです。

いったいこの人達はいつから、反皇太子派になったのでしょうか。皇太子の御成婚時や愛子さんが生まれたときには諸手を挙げて、お祝いした人達だったはずです。私には皇太子や秋篠宮がそれぞれどのような考えをお持ちなのか知る由もありませんが、今の天皇と皇后が営々と築き上げてきた戦後の皇室のあり方を否定しようという大きな力が働いてきているようで、とても心配です。

|

« 拝啓、安部晋三さん | トップページ | 階級史観 »

コメント

panta さん,こんにちは。なぜか「カゲキハ」のレッテルを貼られている kaetzchen です。トラックバックをありがとうございました。

# 学生時代はノンセクト(剣道部を退部になりました)だったんだけど,寮住まいだったので嫌でも政治セクトの連中にストームをかけられて迷惑してました(笑)

んで,お知り合いの発言は恐らく panta さんと同様,かなりお年を召した方なのではないでしょうか。私の亡くなった祖父は警察官僚(旧制3高理科出身)だったのですけど,私たち孫には結構左翼的な言辞をつぶやいていたのを覚えています。

>今の天皇と皇后が営々と築き上げてきた戦後の皇室のあり方を否定しようという大きな力が働いてきているようで、とても心配です。

という panta さんのご心配は,恐らく逆の意味なんじゃないかなと思います。前のヒロヒトさんが亡くなった時(私は留学中だったので詳しくは知りませんけど)にラジオ第2放送と教育テレビを除く総てのメディアが服喪一色になったそうですね。今の状況というのは恐らくそれに近いものじゃないかな,と。口悪く言えば「天皇漬」「安倍漬」です。

そういったマスコミ操作の裏が見えて,それら全部を笑い飛ばしてしまおうと,わざと過激なことを言い出したのが,お知り合いの「パフォーマンス」なのではないでしょうか。私の祖父も四書五経を暗誦させるわ剣道を道場で教えるわで,そういう意味では古い日本の下級武士の伝統を引き継いできた人なのですけど,心の中は3高時代に身につけたどのような思想も対等に扱うという自由主義が根底にあったのではと,中年になった今,思うのです。

# 実際,美智子さんにしても雅子さんにしても外遊のあとは本当に生き生きとした顔をされてますよね。ところが日本国内でボランティアの仕事にかかると,とたんに暗くなる。もしかすると宮内庁のやらせではないかと思ったりもします。

投稿: kaetzchen | 2006年9月 9日 (土) 15時10分

そうそう,私の記事は @nifty によって「危険思想」と見なされたようで,panta さんのブログへはトラックバックできませんでした。

# 飛ばしたら,お気を悪くされたかも知れませんけど。(^^;)

投稿: kaetzchen | 2006年9月 9日 (土) 15時12分

口の中に食べ物が入っているときに、話をするなという事をこの人物の親は教えなかったのでしょうか。教えても身に付かない人もいますが。口臭のついた食べカスが周辺に飛び散らかしていそうです。あー、気持ち悪い。こんな人物にとやかく言われる筋合いの無い事。

人生の修正がきかない年代の人のようなので、
取り巻きの人たちは、会食の度に、これからも口臭のついた食べカスをありがたく懐紙に包んでお持ち帰りくださいませ。

投稿: マナーも財産 | 2006年9月 9日 (土) 18時00分

マナーも財産さん,こんにちは。あなたの言われている意味がさっぱり分かりません。

もっと具体的にストレートに書いて下さい。そうでなくても世代が違えば認識も異なりますので(私はネットウヨの若者とのケンカでそれをつくづく身に染みました),感情論での意見は一切無視します。もっと論理的かつ冷静なご意見をお願い致します。

# ちなみに「マナー」というのは和製英語です(笑) こういう時には普通「TPO (time, place, occasion; 時・場所・場合にあった方法)をわきまえて」と表現します。まず,日本語と英語の勉強をされてから,またいらして下さいませ。

投稿: kaetzchen | 2006年9月 9日 (土) 18時35分

付け加えとして。私は panta さんが自分の父親の年齢に近いと仮定してますので,軍国少年に育ったんだなぁ,未だにその縛りから逃れられないんだなぁ,という割と醒めた見方で panta さんとつきあっています。逆に言うと,自分の親父と酒飲みながら,お前は若い,とか親父は古い,と言い合ってるようなものです。だから,panta さんの感情はそれなりに分かるつもりだし,それを否定するつもりもありません。この辺は誤解されないで下さい。

投稿: kaetzchen | 2006年9月 9日 (土) 18時40分

ふと思ったのですけど,マナーも財産さんは英語の manner を a personal way of acting or behaving towards other people の意味で使われたのかな? 一般的に英語の manner って,the way of method in which something is done or happens の意味で使われるんだけど……。語源になったフランス語の maniere (形容詞形の maniere(e)には「気取った」「ざーとらしい」って意味がありますが)とか,フランス語の影響を受けたロシア語の манера もドイツ語の die Manier も,そうなんですけどね。(元々のラテン語は省略……)(^^;)

翻訳って怖いですね。

投稿: kaetzchen | 2006年9月 9日 (土) 20時53分

kaetzchenさん、マナーも財産さん、コメント有り難うございます。

コメント欄を放置していたら、怒濤のようにkaetzchenさんからコメントをいただいてしまいました。土曜日も5時半までなのと、時間外の方が来られたのでなかなか返事が書けずすみませんでした。

「ネット善人の薦め」にはきちんとTBが届いていますが、撥ねられたというのは「着床前診断」のエントリーですか? それならきちんと読ませていただきましたよ。

私は天皇に人権がないと言う意味でも天皇制には反対なのですが、今の天皇は結構好きで、愛子さんが天皇になったらそれはそれで、今の天皇の路線のひとつの結実かなとも思っている中途半端な男です。紀子さんの季節はずれのような懐妊、出産、それに合わせたような秋篠宮一家への賞賛と皇太子一家へのバッシングを不快に思っていた矢先に、知人からこのエントリーの話を聞き及んだ次第です。

それからkaetzchenさん、私はプロフィールに書いているとおり、あなたのお父さんよりはきっと若い(笑)と思います。私の受験の時には、まだ防衛医大はなく(あっても受かってなかったでしょうが…)、一期校・二期校の時代でした。

投稿: panta | 2006年9月 9日 (土) 22時14分

あ,プロフィールを見てなかった。ちょうど十年先輩になりますか。私の頃には防衛医大ができてたので,当時貧乏のどん底だった私は(高校の進路指導の先生の誘いに乗って),とりあえず1次だけは受けました。でも,あれほどひどい問題用紙や解答用紙は初めて見ましたよ。配ってる間に裏に表の問題が透けて見える(笑) おかげで解答用紙が配られるまでの間に数問解いた記憶があります。だけど,二次試験受けに所沢へ行くのを祖父が大反対しましてねぇ。結局,卒業式さぼって受けた一期校を落ちて,受かった二期校へ「仕方なしに」行くはめと。最初から東大理2受けた方が楽勝だったかなと後で後悔しましたわ。ははは。

怒濤のコメントはすみません。ついつい,思いつくと書いてしまうくせがあるので,申し訳なく思っております。

投稿: kaetzchen | 2006年9月 9日 (土) 23時37分

こんにちは。素敵なお写真に惹かれて読んでしまいました。皇太子一家の写真は見てて和みます。プロフィールを拝見すると、むしろ親に年齢が近いようですので、そのお話に出た人達もそのくらいの年齢以上の方と見てよろしいでしょうか。

私のような年齢のものからしますと、今回の騒動及び、マスコミ報道は深い極まりなく、未婚ですが結婚する気がますます失せました。ブログを回ってますが、若い女性・・・学生さんくらいの人も「なんで女じゃいけないの?」と怒っている方がほとんどで、不妊治療をしている方はニュースを見て泣いていると書いていました。雅子さん、皇太子一家を好きな人も若い人に多いようです。私自身、今の天皇、皇太子のお人柄が好きなので今の皇室はいいのですが、次がそのお子様である愛子さんでなければ、応援できるか大変疑問です。

男系派の人は反皇太子みたいです。彼らは天皇家を応援する右翼のようなのですが‥?どうも彼らにとっては天皇家はただの道具に過ぎないようです。

投稿: 通りすがり | 2006年9月10日 (日) 17時56分

kaetzchenさん、こまめにコメントいただき感謝しています。

あなたの経歴をお聞きしてとても親しみを感じています。というのも私の場合、父の友人の勧めで実は防衛大学を受験しています。行く気はありませんでしたし、恐怖のM検(と当時言われていた気がしますが、ジギタールのことです。)が2次試験の健康診断であると聞いていたので、2次試験は受けませんでした。電子工学が好きで理一志望だったのですが高校が受けさせてくれませんでした(笑)。当時、ヒッピーとかコミューンに憧れていた私は、電子工学じゃヒッピーのコミューンでは役立たずだ、医者ならどんな世の中でも人の役に立てると今の道を選んだ次第ですが、見事に一期校は落ちてしまいました。

投稿: panta | 2006年9月10日 (日) 20時38分

通りすがりさん、こんばんわ。コメント有り難うございます。

>次がそのお子様である愛子さんでなければ、応援できるか大変疑問です。

私もまさにその気持ちです。そう言う意味で皇室は今、国家主義者たちの道具としてではなく、本当の意味での国民の支持を今後も得続けられるかどうかの重大な岐路に立たされているのだと思います。

投稿: panta | 2006年9月10日 (日) 20時48分

>通りすがりさん

男系でないと天皇にしてはならないと主張する一派と,女帝という履歴があるんだからとりあえず愛子ちゃんを女帝にという,右翼同士の内ゲバが未だに続いているようです。

国民にとっては既に天皇は「小腸」じゃない「省庁」でもない「象徴」になっていて,かつて王権を握っていた貴族たちに過ぎないというのが一般認識でしょう。女性週刊誌なんかの取り上げ方はまさにそうですね。威厳というより宝塚スター(喩がわるうてすんまへん)に近い。私個人は天皇制廃止論者ですけど,圧倒的少数派なので日ごろは患者さんに接するのと似たようなポーカーフェイスにて対応しています。

男系派が反徳仁(同い年なもんで)に固まっているのは,やはり彼が大英帝国でヨーロッパの貴族や王族と交流して持ち帰って来た,共和制と王族との妥協という考え方へ反発しているからでしょうし,それが雅子女史を苦しめうつ病にさせた原因となり,問題発言をやらかせたためだと私は踏んでいます。

投稿: kaetzchen | 2006年9月10日 (日) 22時00分

そうそう,panta さんも解剖学でちらっと習ったかと思いますけど,日本の皇室は英語では royal family とか royal wedding とは言いません。なぜなら,天皇・皇后は king, queen とは言わないからです。あくまで emperor, empress で,その形容詞は imperial であり,その意味は単なる「軍事司令官」に過ぎません。元のラテン語に遡ると分かるのですけど,imperator, imperatores でその形容詞が imperialis なんです。これから派生した言葉が imperium (=empire)となり,ラテン語ではあくまで「軍事独裁者」=「帝国司令官」ということになり,日本の明治天皇制へと引き継がれることとなったのです。

# ラテン語で「王」は rex また「王国」は regnum ですけど,これらは紀元前6世紀後半にローマから追放され,のちにこれらが古フランス語 regalis となり英語 royal となって英語に入り込んだと言う訳。早い話,カエサルが殺されたのも,共和制の中で独裁者になったが故に,彼は「王」になろうとしている,養子オクタウィアヌスを次の指導者に指名したからだと噂が流れ,res publica 共和制の原則を破る者として暗殺されたという経緯があります。(publica は形容詞 publicus で名詞形は publicus。res「実体」が女性名詞なので女性形に変化しただけです)

投稿: kaetzchen | 2006年9月10日 (日) 22時26分

この話に登場してはる人達の、他人に対する配慮の無さにはあきれ返ってます。そやけど、人生でただの一度も挫折したことのないお人も珍しいなぁ。目をつりあげて、嘲笑するなんて、どないしたら出来るんやろ。この人にしかできない芸当や思うけど。

皇室内での立場や、世間一般での評価は、さるお方のほうが高いやろうけど、このお方の表情を見ていると、心配やなぁ。

回復には、まだまだ時間がかかるかもしれへんけど、皇太子御一家に平穏な日々が訪れますように。

コメントしてはる方の中に、博識そうなお人がいてはるけど、他人を小バカにした物言いにはええ気はしまへんな。まるでこのお人が、ここの管理人さんみたいやわ。何言われるかわからへんな。

管理人さん、おいとましました。

投稿: 通行人a | 2006年9月11日 (月) 18時44分

通行人aさん、コメント有り難うございます。

「目をつりあげて、嘲笑する」、指摘されてみるとおかしな表現ですね。目をつり上げるのは怒ったときですよね。訂正しておきました。私自身が腹を立てて一気に書いた記事ですので、悪意が入った(しかも間違えた)表現になってしまいました。御指摘有り難うございました。

>まるでこのお人が、ここの管理人さんみたいやわ。何言われるかわからへんな。

まあ、そう言わずにkaetzchenさんのブログも訪問してみて下さい。

通行人aさんはもしかして「怪人二十面相」?(古くてすみません。)

投稿: panta | 2006年9月11日 (月) 20時47分

通行人a氏の言われた事は正しいな。
依然ここでニーチェやクラウゼッツを引用して書いたら、勝手に似非インテリのレッテルを貼られて
「市販の本など読んでも本当の勉強にならん」
と某氏から言われました~藁。
自分たちは進歩的インテリで偉いんだなんて、
相変わらずの「選民思想」に辟易させられますね。

「護憲平和反戦反権力」という進歩的思想を持った自分たちは正義であり、保守反動の一般大衆愚民どもより教養があって偉いんだ、と一昔前の瓶底メガネの全共闘学生のような腐れた、その「選民意識」をいい加減捨てませんか?

って言うか、この御皇孫誕生と皇室典範改正、そしてもう一週間程度誕生する安倍政権を含めて靖国、ミサイル問題等では、
自称・インテリ知識人様のご意見や進歩的マスゴミ様ののたまう意見とは正反対の世論や結果になっている事実…。
すでにあなた方は国民の大多数からは見捨てられてますよ。

自分たちが「化石化」していく現実を直視するのは悲しい事です。

投稿: 竹島島民 | 2006年9月11日 (月) 23時34分

管理人さんの表現に、ケチをつけたのとは違います。「悪意が入った表現・・」と言ってはるけど、あんな悪意のあるお人の言う事に賛同しはる方ばかりやったら、どうしょうもあらへん

今回の件の主役になりはった御夫妻については
2004年の記者会見以来(あとは言わへんけど)

管理人さんは、例のお人のフォローをされてはるけど、このご時世、あの位クセのあるお人でないと、対抗できへんとは思います。

ほな、失礼します。

投稿: 通行人a | 2006年9月11日 (月) 23時35分

竹島島民さん、励ましのお言葉おおきにです。

お礼を言わな眠れそうになかったさかい、この場をお借りしました。

明日、早いのでおいとまします。

投稿: 通行人a | 2006年9月12日 (火) 01時05分

おー、竹島島民さん、おはようございます。見ていてくれましたか。お久しぶりですね。

「保守反動の一般大衆愚民」というのは少し違うんではないでしょうか。これはあなた自身が心の奥底でそう思っているから出た表現ではないですか。

あえて性別はあげませんが、このエントリーで話題にした人たちは、いつも周りを押しのけ、人の悪口を言っている人々です。多くの場合周囲の人たちは私も含め、ただ黙って聞いています。彼らにとっては物言わぬ人たちは取るにも足りない虫けらみたいな物なのだと思います。

どっこいしかし、かれらが虫けらのように思っている人たちにも、みな想いがあり、口惜しさ、憎しみ、沸々とした怒りを静かな表情の下に隠しています。私はそういう何も言えないと周りから見なされている人たちとお話しする機会が比較的多いので、よくわかります。

「どこどこの国はけしからん、やっつけてしまえ!」と大声を上げているのは、往々にして私がこのエントリーにあげたような人たちが多い気がします。竹島島民さんが、「一般大衆」と捉えている人たちはこの手の人たちのことではないですか。間違っていたらごめんなさい。

投稿: panta | 2006年9月12日 (火) 08時22分

通行人aさん、おはようございます。再度のコメント有り難うございます。

私は自分であれ他人であれ、本当の意味での「悪意」が人にぶつけられることが許せないので、なるべく悪意の入ってない文章を書こうと心懸けているのですが(上の竹島島民さんから、嘘だーい!と言われるかもしれませんが…笑)、ついつい興奮してそう言う表現をとってしまい、反省している次第です。

投稿: panta | 2006年9月12日 (火) 08時29分

はじめまして。
安部さんのプロフ(年齢)を確認しようとして、仕事(自宅で機械の設計をやってます)の合間、ちょっと検索をしていたら、こちらのブログを拝見して、とても共感を覚えましたのでトラックバックを入れさせてもらいました。私は来年50歳を迎えます、安部さんと同じ世代ですが、あちらは時の人、こちらはしがない一庶民です。panta(管理人)さんはお医者さんなんですね。お話しを少し読みながら、尊敬する松田道雄先生を思い出しました。
また時々拝見させて頂きたいと思います。

投稿: DOM | 2006年9月15日 (金) 10時07分

DOMさん、はじめまして。

コメント有り難うございます。子供達がまだ小さい頃、当時取っていた新聞の家庭欄で松田先生のコラムに接し、子どもに対してばかりでなく、子育て中のお母さんにまで注がれている優しい眼差しに感動したことを思い出しました。

記憶の片隅にすっかり忘れ去ってしまっていた大切な物のひとつをDOMさんのおかげで思い出しました。感謝しています。

投稿: panta | 2006年9月16日 (土) 07時45分

 pantaさん しばらくです。
 それにしても、「あの一家は外国に行った時はあんなにニコニコ笑って、そんなに外国がよければ向こうに永久に行ってしまえばいいんや、ガハハハハハ!」は本当に下品で粗野です。
 皇位を誰が継ぐかのニュースに全く興味が沸かない私でも、そう感じます。決してこの笑い方にある訳ではありません。根底にある差別意識がそう言わせるのでしょう。
  

投稿: morichan | 2006年9月16日 (土) 15時56分

はじめまして。今日トラックバックを入れさせて頂いた者です。過去記事も読ませて頂き、コメント欄の応酬を見て「なんて我慢強い人なんだ」と思いました(笑)。

一方、10年以上前のニフティやアサヒネットでの会議室のやりとりはもっぱらこういう礼儀正しいものだったのも確かで、罵倒を生業にする連中は論旨以前に礼儀知らずとして無視されるか管理者に問答無用で削除されたりしたものですが、隔世の感がありますね。

投稿: あめんほてっぷ | 2006年9月16日 (土) 18時30分

morichanさん、こんばんわ。コメント有り難うございます。

あなたの仰るように根底の差別意識のなせるわざでしょう。愛子さんに対して、あまり笑わないことを病気と決めつける彼らの言動には、それを強く感じます。でも天皇制そのものが差別の根源なのかもしれませんね。

投稿: panta | 2006年9月16日 (土) 22時33分

あめんほてっぷさん、はじめまして。コメントいただき感謝しています。

偽善者の”ネット善人”なので、ネット上ではいくらでも我慢できるので御安心下さい(笑)。これからも宜しく御願いします。

投稿: panta | 2006年9月17日 (日) 11時36分

pantaさんはリベラルな方だと思っていろいろなエントリーやコメントをよませてもらいました。
実をいえば、私は極左だととらえられていますが、石橋湛山とかは大好きな政治家なのですよ。といっても、右翼は石橋湛山は大嫌いでしょうが。

今、皇室をめぐる論争に私は、興味をもちませんが、いえることは、天皇制強化が改憲と同時に起こってきているのだということでしょう。
現在の天皇は、石原都政の米長教育長に苦言を呈したような、リベラルな方であり、日本国憲法遵守を明言されている方であるわけですが、これに対して右翼は苦々しい思いを本当はもっていると思われます。
また、皇太子と雅子さんがオープンすぎるため、これまた右翼は苦々しく思っているものと推察されます。

そこで、改憲と天皇制強化が図られる中で、右翼にとって好ましい皇室・天皇を
こしらえたいのではないでしょうか?
石原などは、天皇が靖国参拝すれぱよいなどといっています。

さらに、富田メモが暴露されましたが、あれも右翼にとったら苦々しい思いでみているでしょう。

ちなみに、富田元宮内庁長官のお孫さんは、沖縄基地問題を批判的にとらえる反戦運動を行っています。

投稿: 日本国憲法擁護連合 | 2006年10月 4日 (水) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136135/11811663

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ、皇太子御一家!:

» 皇室典範を改正せよ [とりあえず]
 天皇家の次男に男の子が生まれた。  基本的に親戚でも友人でもない家に子供が生まれた場合、その両親にとってはうれしいだろうな、よかったね、おめでとうという程度だが、国民的な喜びに包まれ、といわれると、私はそういうときは国民でなくて結構、と思っている。大阪にいた友人が阪神タイガース優勝のとき、私に関係ないから、と発言するのは勇気が必要だったと言っていたが、彼もまたそういうときは「大阪人」でなくて結構と思っていただろう。飲みたくない人には無理にすすめない、阪神が好きな人はどうぞ、喜びたい人は喜んでいい... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 08時38分

» アベイズムの危険 [ 反戦老年委員会]
 小泉首相は、靖国神社参拝を押し通した反面、さきの戦争への反省、A級戦犯存在の肯 [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 14時12分

» 一見は百聞(コメント)に勝る [石橋を叩いても渡らないかも?]
最近、疲れがひどくて、仕事にも支障が出てはいけないので、しばらくブログ更新から遠ざかっています。もう年なのかなあとボヤくと、周りは夏バテですよと慰めてくれるが、いくら若作りしてもやはり体力は年相応なのです。 きのうは久しぶりに休みをとって、なにもしないでゴ..... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 18時19分

» 総裁選3候補の「好物」 [喜八ログ]
安倍晋三(51歳) 焼き肉、ラーメン、アイスクリーム、スイカ 谷垣禎一(61歳) そば 麻生太郎(65歳) カステラ、冷たい牛乳... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 20時30分

» そっとしといてあげたいけど、つい書いてしまう・・・ [薫のハムニダ日記]
え~っと、「日本列島“全体”が祝賀ムード“一色”に包まれている」とこちらでは報じられているのですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか? 私は一部の愛国的ヘイトコメンテイターの方が書かれていた(ぜんっぜん面白くなかったので、もう削除しちゃいましたけどね)ように「歯軋りして悔しがって」いるわけではありませんし、「万世一系の皇統万歳!万歳!」と思っているわけでもありません。 ただ、生まれたときからあらゆる重石がのしかかったような人生を歩まざるをえないであろう新生児が不憫でなりません。 (... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 22時40分

» わが祖国 [関係性]
 9月8日の金曜日、スメタナの連作交響詩《わが祖国》全曲(1874〜79)を日本フィルハーモニー交響楽団(指揮:イルジー・ビェロフラーヴェク)で聞いた。  夜7時の開演(サントリーホール)に女房と二人で走ってギリギリ着いた。  この作品はチェコ民族独立の凱歌を描いたものであるが、曲そのものの清々しさを70分満喫させて頂いた。  そして翌日、朝からチェコ・フィルハーモニー管弦楽団(ヴァーツラフ・ノイマン指揮)のCDを一人で聞きながら、私にとって「祖国」とは何なのかを考えることにした。  仕事で海外に... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 10時43分

» 原点を探して [石橋を叩いても渡らないかも?]
きょうは政治にやや興味を失いかけている、というよりこの壮絶な狐と狸の化かし合いの世界にほとほと嫌気がさしているわたしは、ブログスタート時の世捨て人の心境にだんだん戻りつつあります。 ブログに参加しているとたくさんの情報に囲まれ、ついつい真剣になって年甲斐も..... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 23時48分

» 新自由主義は国富を奪い文化を奪う [BLOG BLUES]
ブログ界の星一徹、「非国際人養成ギブス」じゃなかった、 「非国際人養成講座」から、「女系容認は天皇民営化」に対してTBを いただいた。「規範なき社会を目指すというのか」と題されたエントリーです。 短い時事コラムではありますが、およそマスゴミからは聞こえて来ない、 鋭利な考察を含んだものだと思いました。いやー、ブログってホント、 いいですね。 僕は今回の皇室典範改正問題で、いちばんイヤーな感じがしたのは、 あまりにも世間が軽々しく、天皇について、喋々していることです。 いっちゃんヒ... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 13時19分

» 下請け企業 [関係性]
 ここに来て、大手製造業の業績が良く、経済の復調が新聞紙上やテレビで伝えるようになってきた。  では、この大手製造業は売り手なのか買い手なのかが気になる。  例えば自動車業界では簡単な構造ではない。自動車製造業者の周りに多数の部品供給企業があり、傘下の販売店を通じて消費者に販売される。自動車が出来上がってからは単純な流通経路を辿って消費者に届くが、自動車が完成する前が多くの企業が関わっている。ここでの売り買いが収益の源となっている。  勿論、消費者への提示価格は他企業の自動車価格との競争の中で決定さ... [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 (金) 13時02分

» 鼻でもホジりながらするぐらいのハナシ [逍遥録 -衒学城奇譚-]
愛国心、愛国心、あ~いこ~くし~ん!でございます。 何やら今の世の中、どっちを見ても “愛国心”が、やたらとのし歩いてるようでございますが、まぁ窮屈なこって。 はぁ~やれやれ、どっこいしょ。 ? ボクらがこの国に生まれてさ、育ってく上で、自分の国に愛着を... [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 (金) 16時37分

» 藤原紀香さん [喜八ログ]
女優の藤原紀香さんが来年(2007)の参院選に自民党公認候補として出馬するという噂があるようです。「そんな馬鹿な」と思います。藤原紀香さんのような聡明な女性が、そのような馬鹿げた選択をするとは想像することすら難しい・・・。 藤原紀香さんの名前を聞いて、私(喜八)が最初に思い出すのは映画『S...... [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 (金) 20時42分

» 皇室はしんどい。 [あめんほてっぷの「真・日々是不穏」]
 とある法律の教科書に書いてあったのだが、日本国民として当然の生得の権利として認められている人権のうち「天皇・皇族」に認められていないものは、 ・公務員の選挙権 ・政治活動の自由 ・職業選択の自由 ・外国に移住す... [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 12時53分

» 藤原紀香さん、参院選出馬せず! [喜八ログ]
昨日(2006-09-15)、藤原紀香さんのコメントが公式サイト内「NORIKA's Diary」にアップされました。そのうち「参院選」に関する部分を以下に引用します。 ちなみにある雑誌にまた選挙に出馬?みたいなことを勝手に書かれていましたが、何度もいうように考えたこともありません。私は私...... [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 16時01分

» ブログをはじめて1年です。 [医療制度改革批判と社会保障と憲法]
ブログをはじめて1年です。 2005年9月、思うところがあってブログを立ち上げました。 思うところとは9.11です。権力とマスメディアのデマ宣伝に、やすやすと民衆が乗せられ、デマゴーグに支持を与えたことです。 勉強会や研究会の議論を踏まえ、学習会で報告したり、ビラやパンフレットにして配布したり、メーリングリストに載せたりして、発信し�... [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 21時47分

« 拝啓、安部晋三さん | トップページ | 階級史観 »