« コックリさん、お離れ下さい。 | トップページ | 左ということ »

2006年11月19日 (日)

ありがとう、沖縄!

Okinawa2

糸数さんが勝つことを想定して、勇み足で作ったエントリーです。(我ながら見通しが甘い)
一旦は削除しかけましたが、今日(23日)になって思い直しました。


沖縄の有権者(正確には今回の投票者)の半数弱が、今の自公政治にNoを突きつけていることがわかりました。もちろん国政選挙ではありませんから単純には解釈できませんが、決して少数派ではないと言うことに勇気づけられます。そういう意味で「ありがとう、沖縄」です。


一方全野党が共闘して立ち向かっても、自公の壁があと少し高かったこともはっきりしました。今は自民党にすり寄っているように見える公明党をいかにこちら側に引き寄せるかも大きな課題だと思います。公明党、創価学会を毛嫌いする人も多いですが、私の知る限り一人一人の学会員は日々の暮らしに追われる生真面目な人達です。新自由主義とは本来は対極に位置する人達だと思います。他の宗教の熱心な信者さん達もそうですが、今の精神的、経済的境遇からの救いをたまたま宗教に求めたと言うことでしょう。


そういう方々に今の政治状況をどうやって理解して貰い、連帯して貰えるかを探ることも大切ではないでしょうか。そんなことも考えさせられた今回の選挙でした。


いつもキラリと光る切り口を見せてくれるファミリー メンタル クリニックさん、この記事も興味深いものです。とくに最後の方の”緊急アピール”のパロディは必見です。


喜八さんからも、面白いTBをいただきました。できたらビラにしてみようと思います。

|

« コックリさん、お離れ下さい。 | トップページ | 左ということ »

コメント

panta さん、こんにちは。
幣ブログ記事を紹介いただきまして、ありがとうございます。
ビラにしていただけるのであれば、有難いことです・・・。

> 公明党、創価学会を毛嫌いする人も多いですが、私の知る限り一人一人の学会員は日々の暮らしに追われる生真面目な人達です。

私も同様に考えています。
むやみに創価学会・公明党を敵視するのは現実的な姿勢ではないと思います(ちなみに私自身は学会員ではありません)。

投稿: 喜八 | 2006年11月23日 (木) 12時27分

 panta さん
 記事にpanta さんのコメントを利用させて頂きました。
 また、TBもさせていただきましたので、批判をしに私のブログに来訪してください。

投稿: morichan | 2006年11月23日 (木) 14時53分

pantaさんこんばんわ。
沖縄知事選挙は残念な結果でしたね。教育基本法にしても結局は与党の力で可決されてしまいそうで悔しい歯がゆい思いです。
うちのご近所にも創価学会の信者さんは15軒おきくらいに多くいらっしゃいます。ほんとに多いです。
一人暮らしの老人の方も多くいらっしゃいます。宗教というより、お葬式代が出せないから、など経済的理由から入会されてるようです。
こういった格差社会をなくすためにもpantaさんのおっしゃるように公明党に力を借りるしか手はないのでしようね。
公明党=宗教と偏見の目で見ていた私もちょっと反省しました。

投稿: korokoro | 2006年11月24日 (金) 18時43分

喜八さん、こちらこそコメント有り難うございます。私も学会員ではありませんが、この記事にも書いたように個々の学会員を責める気にはなれません。ただどうやって私たちの考えをお伝えしたらよいのか模索中と言うところです。

morichanさん、こんばんわ。取り上げていただいて有り難うございます。批判なんて滅相もないですけど、お邪魔させていただこうと思います。

korokoroさん、いつもコメント有り難うございます。喜八さんの所で知りましたが、今回の沖縄知事選、当日分の投票では糸数さんが勝っていたのに11万票もあった期日前投票が加わったところで逆転されたみたいですね。

投稿: panta | 2006年11月25日 (土) 21時14分

pantaさんこんにちは。
私も学会員ではありませんが、仲の良い友達は学会員ですし、尊敬している人が実は学会員だったということもあります。でも、彼らはだからどうだ、ってことはなく、変わらず親しい友人知人です。
アメリカに行ったとき、裕福な白人の友達に「キリスト者以外は不幸だ」と哀れまれたこともありますが(笑)、一方別のアメリカ人でキリスト者の知人は、「どんな宗教宗派であれ、常に誠実で、他を受け止め、共生する努力を惜しまないでいられれば素晴らしい」と言っていました。
本当にそうあればいいと思います。

投稿: 初心者 | 2006年11月27日 (月) 13時53分

初心者さん、こんばんは。コメントいただき感謝しています。

とても参考になるお話し有り難うございます。私たちはつい肩書きとか、その人の属するグループとかで人を見がちですが、後者のアメリカ人が言われたことは宗教に限らず私たちが人と関わっていく上でとても大切なことですよね。小さないさかいから、果ては戦争まで、それができないから起こってしまっている、悲しいですね。

投稿: panta | 2006年11月27日 (月) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136135/12748537

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、沖縄!:

» テレビと新聞 [医療制度改革批判と社会保障と憲法]
テレビと新聞  80歳代前半の妻の母と、後半の私の父と、それぞれに、くだくだと話をする機会がたまたまありました。 ともに、医療費負担が大きくなったことに、愚痴やボヤキを口にしていました。  そして、その後に続いての言葉は、テレビや新聞で展開されている、「年寄りが多くなって医療費が増大しているから」というマスメディアの宣伝にそった、あきらめや自虐的な言葉が続きます。  両人とも、比�... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 12時16分

» 『外貨預金』や『投資信託』はギャンブル [関係性]
 以前のブログで「円安と景気回復・経済成長は誰のため?(上)(下)」を掲載した。この中で、「円安誘導」は政府が大量の税金を使って外貨買いを行った成果であることを述べた。 他方で、ここ数年に銀行の「外貨預金」や「投資信託」への誘いが庶民に襲いかかった。そして、昨年の郵政民営化によって、郵便局も「外貨預金」や「投資信託」への誘いを行い、金融機関の利益を押し上げた。  政府の「円安誘導」問題と金融機関の「外貨預金」や「投資信託」の両者がどのように係わっているのか、それを見ていく。    上記ブログへのコメ... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 14時37分

» 「右派民兵」はいつから「警察官」になった? [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
ホームレス襲撃さらに1件、被害者4人に 愛知・岡崎(朝日新聞) - goo ニュースについて。  私のブログが 2ちゃんねる で「革新・左派系のウェブサイト」に指定され,「重要監視対象」とみなされたそうな(爆笑)        反日ブログ監視所か何か分からんが,この手の「エテ公」以下の「ネットゴキ」は,黙って「ゴキブリホイホイ」におびき寄せて,集団でやっつけるしかないですな。私がク... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 16時14分

» 去年買い集めたタミフルはODA行きかな(笑) [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
 ちょうど一年前に掲げた2つの記事をまとめて,紹介することにしましょう。ちなみに上の写真は発売元の グラクソ・スミスクライン社 のサイト「Relenza Medicine Guide」からぱくって来たものです。これが 「リレンザ」 というインフルエンザ治療薬の包装で,このディスクの中に4ブリスター(包装),つまり1日分が入っています。  インフルエンザの季節になると,昨年も話題になったように,インフルエンザ治療薬は 「�... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 19時26分

» 「大学もどき」がどんどん消えてゆく [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
関西科学大の推薦内定者、25大学が受け入れ表明(朝日新聞) - goo ニュースについて。  学校法人奈良学園 (伊瀬哲也理事長) は文部科学省から「申請書類に虚偽がある」と指摘されたため,結果的に「関西科学大学 (仮称)」(奈良市) の開学を諦め,大学案内を送付してた約740の高校に謝罪文を送ったとのこと。新聞記事にあるように,推薦入学内定者は他の西日本の私大へ受け入れを要請したとも言う。さらに採用を予定していた教職員への給与を1年分�... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 19時28分

» この調子で行け行け! 金貸しにカネ返す義務はない! [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
過払い金利の返還訴訟、京都の女性が「全勝」(朝日新聞) - goo ニュースについて。  結論から言ってしまえば,題名の通り「金貸しに借金を返す必要はない。ましてや金利などは裁判で全て取り替えすべきだ」ということになります。新自由主義などくそったれ,である。なぜか。答えは簡単である。「借りたカネは返さなければならない」という倫理観そのものが「性善説」つまり儒教による誤った思想だからだ。我々人�... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 20時40分

» 蟻の兵隊 [関係性]
 横浜でドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」を見て、軍隊組織とそこで蹂躙されてきたきた兵隊、そしてその兵隊の中国(山西省)での残虐行為を背負いながら、元日本兵の大戦後の残留命令で痛手を負う老人に日本国家は何も詫びようとしない現状を知った。  luxemburgさんのブログ「とりあえず」を覗くたびに、この映画のタイトルとしっかり前を見つめるおじいさんの顔を見てきた。   luxemburgさんのブログ「とりあえず」       http://luxemburg.exblog.jp/  また、さきさんのブ... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 20時46分

» いよいよ共謀罪法案の審議入り迫る [競艇場から見た風景]
「 法と常識の狭間で考えよう」さんからTBを頂きました。全文転載します。 教育基本法改正案、防衛「省」昇格法案の成立確実の中で、 いよいよ共謀罪法案の審議入りが迫っている 11月30日、防衛庁の省昇格関連法案が衆院本会議で、自民、公明、民主、国民新党などの賛成多..... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 04時50分

» 過払い金利返還訴訟、京都の女性が弁護士に頼らずに12戦全勝へ [過払い金を取り戻せ!!]
消費者金融に、利息制限法の上限金利を超える「過払い金」を払い続けていたとして、弁護士を頼らずに本人が不当利得の返還などを求めた訴訟の上告審判決が24日あった。過払い金を有効と認めて女性を敗訴させた二審・大阪高裁判決を破棄し、審理を同高裁に差し戻した。差し戻し審で逆転勝訴する見通しとなった。過払い金利の返還訴訟、京都の女性が「全勝」朝日新聞 2006年11月24日 夫と始めた喫茶店の経営が行き詰まって借金した消費者金融に、利息制限法の上限金利を超える「過払い金」を払い続けていた...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 18時22分

» 中小貸金業者、廃業しても続く過払い金返還訴訟「辞めるも地獄、続けるも地獄」 [過払い金を取り戻せ!!]
貸金業規制関連法の改正案について地方公聴会が埼玉で開かれた。参議院財政金融委員会がを開いた。地方公聴会は重要案件を審議する際、広く意見を求め、参考にするため行われる。同法案に関する地方公聴会は初めて。「ヤミ金や多重債務の被害支援活動が活発」との理由で埼玉県が選ばれた。公述人は被害者団体、貸金業協会、県の行政と警察の担当部署、法律家の代表ら6名。埼玉県貸金業協会会長は「法に従うしかないが、改正されれば中小業者は廃業する。一方で過払い金返還訴訟は廃業しても続き、『辞めるも地獄、続...... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 15時32分

» 過払い金返還に備えた引当金計上で大幅な特別損失を出す企業が続出 [過払い金を取り戻せ!!]
利息制限法の上限金利を超える過払い金の将来の返還に備えた利息返還損失引当金の計上や積み増しで大幅な特別損失を出す企業が続出している。イオンクレジットが安い、利息返還損失引当金を約24億円積み増しへ2006年12月15日 テクノバーン ニッセン、呉服販売不振で希望退職120人募集傘下の消費者金融会社が過払い金返還に備えた引当金を計上2006年12月15日 日本経済新聞消費者金融大手 過払い金返還請求の急増に備えて巨額な利息返還損失引当金を計上し今期大幅赤字... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 15時11分

« コックリさん、お離れ下さい。 | トップページ | 左ということ »