« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »

2006年4月2日 - 2006年4月8日の1件の記事

2006年4月 7日 (金)

これはまがい物、得体が知れぬ

ファミリーメンタルクリニックさんの記事に触発されて、2ヶ月ぶりのエントリーです。

確かに最近のテレビの巧妙さには舌を巻きます。
裏を読みながらの視聴も大切かも知れませんが、私の場合はテレビを見ない、どうしても見たい番組はビデオに撮っておいて、後から巻き戻し、早送り、一時停止をを駆使して、自分のペースで見る、という対処法をとっています。

テレビがBGMのようにつけっ放しになっている状況が一番危険な気がします。

Wideshow3

ワイドショーのアナウンサーが「なんと!」、「衝撃の…」、「前代未聞です。」、「このあとゆっくり…」などと、お決まりの台詞を吐く度に私の浅ましいB層耳はピクピク動いて、それなりの怒りや、同情、嘲り、感動をB層ハートが感じてしまい、自己嫌悪に陥るのです。

たとえコマーシャルでも、いやコマーシャルだからこそでしょうか、人を引きつけようとする手練手管は凄まじく、エログロナンセンスその他何でもありの状況と化しています。

さすが、50年の歴史を持つもはや老舗のメディアです。
この間のノウハウの蓄積を総動員して波状攻撃を受けたら、余程タフな精神の持ち主でなければひとたまりもないでしょう。

Wideshow4

映像と音響の相乗効果は絶大で、私たちはフィクションとわかっていても、映画やテレビドラマを見て、怒り、笑い、涙します。
次々と現れては消えていく映像を、すべて理性のフィルターを通して検証しつつ視聴するのは困難です。

そこで私の達した結論は「テレビは見ないこと」でした。

既に半年が経過しましたが、何ら不自由を感じていません。
そろそろ、テレビを見ないと言うこと、テレビのスイッチを一斉に切って視聴率を下げると言うことが、ひとつの運動として起こってもいい気がするのですが…。

Sichoritu

(2006.4.7)

| | コメント (9) | トラックバック (8)

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »