« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »

2006年7月30日 - 2006年8月5日の1件の記事

2006年8月 5日 (土)

「平和の日おめでとうございます!」

大分に赤とんぼの会(問い合わせは大分市の「みんなの家」TEL 097-545-3134)というのがあります。

「戦後政治の総決算をめざす改憲論者、中曽根首相が登場したことに不安を抱いた」同市内の主婦たちが昭和57年末に作った会で、毎年8月15日に「平和憲法9条を守ろう」という意見広告を地元紙も含めて主要五紙に出しており、今年で二十四回目となるそうです。趣旨に賛同する広告主一人一人の名前(匿名も可)を載せる形(写真参照)を続けており、昨年は他県からの参加も含めて三千二百六人の賛同者を得たそうです。

以前からその存在は知りつつそれほど関心は持っていませんでしたが、今年は妻の友人に勧められて、一口広告主になりました。(8月7日が締め切りだそうです。)

Akatonbo

毎年たった一日だけ、それも虫眼鏡で見ないと見えないくらい小さな名前の集まりは、それこそごまめの歯ぎしりにしか見えないかもしれません。ただ実際の紙面を見ると印象は随分違います。日々の生活に追われ、いつもはこの種の意見を声高には発していないであろうごく普通の人々がこんなにも沢山いて、機会さえあれば平和への意思表示をしたいと思っているのだなあと感動してしまいます。

しかるに8月4日の新聞紙面では小泉首相が8月15日の終戦記念日を軸に靖国参拝を検討しており、その理由が「参拝に反発して首脳会談を拒否する中国の要求に屈する形になるのを避けるべきだと判断」したからとのこと。まるで靖国参拝に反対しているのは中韓だけで、国内には反対意見は無きかのような報道の仕方です。

1年にたった1回、一口1000円のお金を都合して自分の意見をようやく新聞紙上に(それも恐らく全国版ではないと思います)載せられる人々の声は、毎日の怒濤のような興味本位の事件・事故報道や人々の劣情に訴える低俗な番組の前では殆ど顧みられることがないのが現実でしょう。

だからといって、ただ手をこまねいていては彼らの思うつぼです。8月15日の参拝にこだわる小泉首相ですが、もともと8月15日はこの国に住む我々全てにとって特別な日、おおいにこだわらなければならない日です。何もかも失なった焼け野原の中で、この国に住む殆ど全ての人が、「戦争では何も解決しない、戦争は何もかもを奪い尽くすまで続く、戦争は庶民にとって最大の不幸だ」ということを思い知った日です。

いわば「平和の原点」「平和の記念日」です。その反省に立って私たちは、二度と戦争をしないことを誓い、戦争放棄を唄った世界に誇る今の平和憲法を受け入れたはずです。8月15日は小泉首相にとってではなく、戦争を憎み平和憲法を守り続けようとする私たちにとってこそ、こだわり続けその意志を見せ付けるべき日です。

さいわい今の私たちにはネットがあり、ブログがあり、メールやファクスがあります。

8月15日は皆で一斉に、反戦や護憲、平和のメッセージのバナー(どなたか誰にでも受け入れられ、かつ印象的なものを作ってくれれば有り難いのですが…)を張り、新年の挨拶のように「平和の日おめでとうございます!」のメッセージ(もっと気の利いた表現があれば大歓迎です。)をメールやファクスで(年賀メールや年賀ファクス送るように)知人や会社、組織、果ては新聞社、放送局、政党事務所や議員事務所にまで送りつけ、靖国参拝など吹き飛ばしてしまおうと思うのですが如何でしょうか!

新聞やテレビがその日首相の靖国参拝のニュース一色でも、へこたれずに済みそうなので私は実行します。

| | コメント (6) | トラックバック (18)

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »