« 統一地方選 | トップページ | 国民投票法案 »

2007年4月 9日 (月)

東京都知事選

Tochijisen

浅野さんは健闘されましたが得票差からすると完敗です。やはり知名度の問題でしょうか。テレビでもてはやされるようなタイプの人が出ないと勝負にならないということなら悲しいですね。東国原知事が誕生して間もない頃、宮崎県の友人と話をする機会がありました。無党派ではなく自民党や民主党から仮に立候補していたとしても当選していたのではないかとの私の考えにその友人は否定的でしたが、今回の都知事選の結果を見て私はよりその感を強くしました。そのまんま東が今回の都知事選に出ていたらどうだったんだろう、もし田中康夫だったら、筑紫哲也の場合は…等々、頭の中を悔し紛れの妄想が駆けめぐります。

政見放送などじっくり見る人は殆どいないでしょう。今の状況からは望むべくもありませんが、テレビが選挙期間中NHK・民法共同で特集番組を組み、すべての候補者の政策や人となりをなるべく公平に何回も放送するようなことをしないと、結局はテレビ的に知名度が高い人が有利となったり、ふざけて出ているような人もある程度の得票を得てしまうことになるのだと思います。

さて繰り言はこのくらいにしておきます。今回石原都知事の三選を阻止したい一心で、少なからぬ知人や親戚にメールを送ったり、浅野さんへの投票を御願いしました。以前の私からは考えられない行動でした。それだけ危機感が募っているのだと思います。その結果賛同してくれる人がいたり、同じ思いを持っていた人の存在を知ったりと勇気づけられたのも事実です。

向かい風がとても強くなりつつありますが、負けないためにはしっかりと地に足をつけ、まわりの人々と力を合わせて、一歩ずつ足を前に踏み出していくしかありません。

|

« 統一地方選 | トップページ | 国民投票法案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136135/14623036

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都知事選:

» 都知事選が残した課題 [人工樂園]
 白川勝彦氏による都知事選への評言を掲げておきます。白川氏は自民党で選挙対策の仕事をされていた方でもあるので,この苦言は冷静に受け止めた方がよいでしょう。 野党や無党派がもっとも期待した浅野候補の戦略や戦術は、あまりにも稚拙だった。それは、民主党や社民党と打ち合わた上での作戦だったのか、それとも浅野氏の個人の戦略と戦術だったのか私は知らない。だが、大きな選挙というものを多少知っている者からみればあまりにも稚拙であった。いや稚拙というより絶対にやってはいけないことや避けなければならないことを次か... [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 22時14分

» 「国民投票法案」民主党修正案 [競艇場から見た風景]
『憲法』に限定せず今日提出 与党受け入れ困難か民主党は9日、国会内で党憲法調査会衆参合同会議を開き、憲法改正の手続きを定める国民投票法案の民主党案の修正案を了承した。10日午前に衆院に提出する。焦点の投票の対象では、憲法改正以外に「憲法改正関連、統治機構、..... [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 13時19分

» 石原三選の戦犯は民主党 [BLOG BLUES]
前説:タイトルを二通り考えた。上記採用のものと、も一つ「共産党アレルギーの慎太郎クンには共産党責めだった!?」である。慎太郎クンは大の共産党嫌いである。病的なほどの反共主義者である。「共産党」と口に出すのもおぞましい、虫酸が走ると思っているに違いない。もし、事実上、石原VS吉田だったら、その大っ嫌いな共産党と真正面から対峙しつづけなければならなかった。うわははははは。想像するだに痛快である。さぞや苦痛だったことだろう。残念! 投票当日まで選挙情勢を見定め、史郎クンの勝ちはないと判断。 反... [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 16時33分

» 危険度最大級「国民投票法案」 [競艇場から見た風景]
「猿田佐世の国会速報21~危険度最大級! 国会に集まるべし」=転載= 憲法審議ってば、今どうなってるの? 国会速報 No.21(07/04/11) 「国民不在の国民投票法(憲法改正手続法)」~ 弁護士 猿田佐世 ~ ★★★★★★ 危険度最大級 ★★★★★★ ●強行採決なんて冗談じ..... [続きを読む]

受信: 2007年4月11日 (水) 17時32分

» 超緊急!与党による4月12日の国会運営の暴走に歯止めをかける電話、ファクス、メールを! [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
「保坂展人のどこどこ日記」の今日2007年4月11日の記事「石原大勝で与党暴走の兆し」で、保坂さんが次の3つの国会審議の明日4月12日の展開に警鐘を鳴らしています。 その1。 憲法調査特別委員会における審議打ち切りと採決(国民投票法... [続きを読む]

受信: 2007年4月11日 (水) 18時57分

« 統一地方選 | トップページ | 国民投票法案 »