« 国民投票法案 | トップページ | 日本て独立国じゃなかったの? »

2007年4月15日 (日)

浅ましいの誰だ!

Yajiuma

その内容をテレビが解説しさえすれば誰もがおかしな法律であることがわかる悪法、国民投票法案が衆院で可決されたその日、そのテレビでは朝から中学教師の下着泥の一部始終が写っている防犯ビデオ映像が何回も流されていました。浅ましくやりきれない姿でしたが、今のテレビ局の姿もその浅ましさにかけては似たり寄ったりだと思います。マスメディアとしての使命を忘れて権力やスポンサーに迎合し、理性や良心を失って下ネタや嘲笑に満ち溢れた低俗な番組を流し続けています。

私が今回何よりも腹立たしく思ったのは、あの映像を無造作に流し続けるテレビ局の人権に対する配慮の無さです。おそらく「学校の先生か、これは視聴者が喜ぶ面白い映像だぞ、どうせ下着泥をするようなハレンチ犯だ、無修正で全国に流しても問題ないだろう。」くらいの感覚で放映したのだと思います。今のテレビ局の軽薄・不遜さからしたら、そう考えたとしても不思議ではありません。

”面白映像”とか”衝撃の映像”などと銘打って人の不幸や不運や恥を臆面もなく放送し続けるテレビに要求すること自体が土台無理なことなのかも知れませんが、その影響力は計り知れないものがありますので、やはり許すことができません。犯罪者には考慮すべき人権など無いというのでしょうか。きちんと法律に則って裁判で処罰される犯罪者をさらし者にする権利が、テレビ局のどこにあるのでしょうか

この教師の場合は犯罪としては微罪にはいるのだと思います。手錠をかけられ留置される過程で、彼はすべてを失ったことを知り、悔やんでも悔やみきれない自責の念に駆られて死にたいほどの気持ちだと思います。家族もとても辛い立場に立たされており、その事を思うとますますやりきれないでしょう。それでも人の命を奪ったわけでもなく、取り返しのつかないことをしてしまったわけでもないのですから、罪を償ったら二度と同じ馬鹿なことはせずに立ち直って貰いたいものです。もしそれが病的なものから来ているのなら、治療も必要でしょう。そんな時、あの放映はどう作用するでしょうか。ありとあらゆる映像が録画され、インターネットで世界中を行き交う世の中です。恐らく半永久的に存在し続けるでしょう。その事をテレビ局の人間が知らないわけがありません。これは悪意に満ちた人権侵害だと思います。

どんな人間にも人権があるのです。偉い人だけにあるわけではありません。取るに足らぬと世間から思われている人にも、最低の極悪人にも人として生まれながらに人権はあるのです。アメリカの若者や世界の老若男女の命を奪い続けるブッシュにも、これから日本の若者の命を奪おうとしている安部晋三にさえ人権はあるのです。”誰にでも”そして”生まれながらに”あることを忘れてはいけません。もしそうでなければ”人権剥脱の刑”なんてのをつくれば、そのひとをなぶり殺しにしようが奴隷にしようが自由なはずですが、今回の防犯ビデオの放映はまさにそれに等しい行為だと思います。

真っ当になれよ、テレビ!

|

« 国民投票法案 | トップページ | 日本て独立国じゃなかったの? »

コメント

はじめまして。時々拝見しています。

同じ番組かと思いますが、旅館の板前が何かに腹を立てて勤め先の車を盗んで逃走し、教会に現れたというのも見ました。

いきなり教会に入って来て「自殺したいのです」と言って牧師さんを驚かせ、その後、2時間も悩み事などを話していたというのですが、最後に車を盗んで来てしまったということを告白したので、牧師さんが説得の上、警察を呼んで自首させることにしたそうです。

この人も顔写真と実名が映し出されました。この程度のことなら、何も全国で放送するほどの罪ではない、事件そのものは報道してもいいけれど、せめて匿名にして欲しかったと思いました。せっかく本人を説得して自首という形に持って行った牧師さんの志まで汚されたように思えて、いい気持ちはしませんでした。

なんだか最近のTVは人権意識が鈍くなっている様な気がします。

投稿: ドクダミ | 2007年4月16日 (月) 00時22分

ドクダミさん、はじめまして、コメント有り難うございます。
最近のテレビは「こんな悪い奴がいるんですよ。私たちはこんな馬鹿なことはしませんよね」という感じで、犯罪を犯してしまった人を皆でつつかせようとする感じですね。

投稿: panta | 2007年4月16日 (月) 07時23分

こんにちは。そのテレビを見ていないので、きつくいえないのですが、担当ディレクターは単に面白がって番組を作っているのかもしれませんが、編成局長あたりは意識的にそういう報道を流しているかもしれません。
最近、飲酒運転にしてもそうですが、軽微な罪でも大きく報道するということが増えてきたように思えます。それは明らかに安倍首相が決まって以降のような印象があります。安倍首相は明らかに「監視国家」「警察国家」をめざしているのであり、大企業の部長クラスはその雰囲気を読み取って、その先取りを始めています。その行き着く先がどこに行くかは、すでにいろんな映画や小説で描かれた通りなのだろうと思っています。

投稿: kuma0504 | 2007年4月16日 (月) 12時22分

私は動体視力が弱く,動画の類は非常に見にくいので,テレビや映画や Webページのフラッシュアニメの類は見ることができません.ただ,お話を聞いていると,朝日放送までが土曜の深夜帯に流すお笑い番組(関東以外の人はすぐに分かるかと)を朝から流すようになったのか,と思うと,何だか情けなくなります.

とにかく視聴率が取りたい,そのためには衆愚が面白がるような,そしてすぐに忘れ去ってくれるような番組を作って無責任に去っていく…….番組スポンサーから「品がない」と言われて番組枠に穴が空くまでは,このハレンチな回転寿司はどこのテレビ局でも続いていくのでしょうね(笑)

投稿: kaetzchen | 2007年4月16日 (月) 15時28分

kumaさん、こんばんは。
意識的にそういう報道を流しているとしたら、本当に恐ろしいことです。テレビの絵と音のセットは脳の情緒的な領域にスルスルと滑り込んでくるところがありますので、気をつけて見ていない限りは簡単にやられてしまいますね。

投稿: panta | 2007年4月16日 (月) 20時32分

kaetzchenさん、いつもコメント有り難う御座います。
結局テレビは世の中の鏡みたいなもので、世の中が悪くなるにつれてどんどん醜く姿を変えていってるんでしょうね。

投稿: panta | 2007年4月16日 (月) 20時35分

pantaさん
>結局テレビは世の中の鏡みたいなもので、世の中が悪くなるにつれてどんどん醜く姿を変えていってるんでしょうね。

同意します。そして本文の

>これは悪意に満ちた人権侵害だと思います。
>安部晋三にさえ人権はあるのです。”誰にでも”そして”生まれながらに”あることを忘れてはいけません。もしそうでなければ”人権剥脱の刑”なんてのをつくれば、そのひとをなぶり殺しにしようが奴隷にしようが自由なはずですが

にも同意します。ネットでも安倍批判が絶えませんが、彼らの中には論理的に、説得的に批判をされる方々(この姿勢には賛同します)だけではなく、まさにpantaさんの仰るような、悪意に満ちた人権侵害をしている人がいます。テレビは彼らのような人を鏡にしているのだとしたら、まことに嘆かわしいことです。

投稿: 篠原静流 | 2007年4月17日 (火) 16時43分

篠原静流さん、こんばんは。3件ものコメント有り難う御座います。
前にも書いた覚えがありますが、優雅ないいお名前ですね。そしてこれも以前どなたかのコメントの返事に書きましたが、あなたの2番目以降のコメントは「誰かが屁をひった、あんな屁をひった、こんな屁をひった」(下品な表現で恐縮です)という羅列になっていますので、”いつもニコニコざっくり削除”させていただきました。それと御自分でもおわかりだと思いますが、くだんの防犯ビデオの人権侵害と関連させるのは少し無理があると思います。また別な方法を考えてみてください。

投稿: panta | 2007年4月17日 (火) 19時56分

レスありがとうごあいます。
>前にも書いた覚えがありますが、優雅ないいお名前ですね

いえ、覚えがありませんが・・・。それはたぶん深沢明人さんのことではないでしょうか。

>”いつもニコニコざっくり削除”させていただきました

ほほう、そうきましたかニコニコ。「防犯ビデオの人権侵害」は、けしからんと思いますよ。それは同意していました。そもそもこんな人権侵害テレビが放送されるのはそれを求めるものが多いからだというのが、pantaさんの主張にもありますね。それにも同意していました。では「求めるもの」や「求め」を煽るものにたいしてどういう態度をとるべきか、ここのところでpantaさんは私とは違っているようですね。「誰が言った」ではなく「何を言った」か。それに対するpantaさんの見解はどうなのか、というのを知ることはできませんでしたが、、pantaさんの別の面を知ることができたのが収穫です。ありがとうございました。

投稿: 篠原静流 | 2007年4月17日 (火) 23時36分

篠原静流さん、こちらこそ「防犯ビデオの人権侵害」に共感していただきありがとうございます。

私はそれを求めるものが多いからだと書いた記憶が定かではないのですが(無責任ですみませんが、お得意の検索でどこで言っているか教えてください)、「求めるもの」や「求め」を煽るものを非難するよりもそれを知りつつ放送するテレビ局側の方を糾弾していきたいと思います。そういうものを「求めるたり煽ったりする」負の感情は誰の心の中にも(私自身の中にも)巣くっているからこそ、それを利用して視聴率を上げようとするテレビ局の浅ましさが許せないのです。

私とあなたの意見が違うのは同一人物ではないのだから当然です。でも人権侵害は許せないと篠原さんがきっぱりと言われたので安心しました。

投稿: panta | 2007年4月18日 (水) 07時45分

篠原静流さん、統一教会批判記事を楽しみに待っています。
早くアップしてください。

投稿: 親切マン | 2007年4月18日 (水) 08時17分

pantaさんおはようございます。
たしかに最近のテレビの人権侵害はひどいものがあると感じていました。
あの下着泥棒にしても彼のこれからの人生、闇の中しかありません。
殺人事件での加害者の家族、親族そして被害者のことにおいてもテレビは隅から隅まで調べて報道しているようで、悲しみに追い打ちをかけてしまっているような気がします。

昨日の夜のニュース番組では長崎の伊藤市長の血にぬれたような顔を大きく画面に映し出していました。
被害者の人権、その家族の人権をどう思っているのでしょうか。
残されたご家族が気の毒でなりません。

投稿: korokoro | 2007年4月18日 (水) 08時57分

「親切マン」さんって,釣り堀屋の亭主ですか(笑)

投稿: kaetzchen | 2007年4月18日 (水) 11時09分

korokoroさん、こんばんは、コメントいつも感謝しています。
血にぬれたような顔の大写しは民放だったのでしょうか。最近のNHKには失望しきりですが、まだそこまではしないのが救いだと思っています。速報や現場からの中継放送で出し抜かれたと思って民放がより刺激的な映像を出したのでなければよいのですが。

投稿: panta | 2007年4月20日 (金) 20時22分

pantaさんこんばんは。

救急車の外窓から撮った大きな映像でした。もちろん、民放でしたが、さすがに同局の朝の情報番組ではその映像はカットされていました。
きっと視聴者からクレームがたくさん届いたのだと思います。
相当な出血だったことがその映像でわかりました。
今でも市長の顔が目に焼き付いています。
視聴率稼ぎもいい加減にしてほしいです。

投稿: korokoro | 2007年4月21日 (土) 18時16分

korokoroさん、御丁寧に有り難うございます。
よくわかりました。

投稿: panta | 2007年4月21日 (土) 20時19分

学校の先生は批判しちゃいけないんですか?

下着泥に人権も糞も無いでしょ。

投稿: ばあ | 2007年5月15日 (火) 12時52分

ばあさん、こんばんは。

学校の先生であろうと、政治家であろうと批判はおおいに結構だと思います。でもあなたがあの防犯ビデオの放映を批判と思っておられるのなら、それは間違いだと思います。あれはただ単に最近のテレビお得意の面白映像に過ぎないのではないでしょうか。流している側も観ている側も、破廉恥な行為の批判をしているわけではなく、興味本位に嘲りの対象にしているだけだと思います。晒し者にすることと、批判とは明白に違うと思います。もし晒し者にすることによって、この先生を罰してやろうと言うことなら、それはテレビ局のとんでもない思い上がりではないでしょうか。

それと人権については記事の中でも書きましたが、人間である限り生まれながらに持っているものだと私は認識しています。だから下着泥だから人権も糞もないんではなくて、人間である限り人権もあるし糞も出ます(下品な表現で失礼しました)。そして下着泥を始め、犯罪者や社会のはみ出しもの、異端、底辺にいるものの人権こそ大切に扱われなければならないと思います。そうでなければ社会に害を与えるもの、社会の役に立たないものとして人権も糞もないと判断されれば、焼いて喰おうが煮て喰おうが構わないわけで、なぶり殺しも御自由にと言うことになってしまいます。

ばあさん、もしこの下着泥の先生が自分の家族だったらと考えてはみませんでしたか? 手塩にかけて育てた息子だったかも知れないし、優しいパパだったかも知れません。頭の先から足の先まで”下着泥”でできているわけではないことは家族ならよくわかることだと思います。ばあさん御自身や御家族は完全無欠の素晴らしい人達で思いも寄らぬのかも知れませんが、私や私の家族は弱くて狡くて誘惑にも負けやすいので、こういう場合、私はすぐこの下着泥の先生自身や御家族の方に思いが至ってしまい、「止めてくれ、この人を晒し者にする権利がお前達のどこにあるのか!」と心の中で叫んでしまいます。

投稿: panta | 2007年5月15日 (火) 20時58分

People deserve very good life time and business loans or term loan can make it much better. Just because people's freedom is based on money.

投稿: Hood23Amelia | 2011年8月18日 (木) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136135/14679404

この記事へのトラックバック一覧です: 浅ましいの誰だ!:

» 米国議会に、慰安婦問題はどう報告されたか [とむ丸の夢]
 数日前に、従軍慰安婦問題の背景に関する報告書が米国議会調査局から出されているのを知り、あわててこれを読んでみました。 この全23ページにわたる報告書については、特に元慰安婦の証言を否定したい人たちの間でちょっと... [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 21時23分

» 最低投票率その2~勉強中で済みません [はじめの一歩]
先日,国民投票法案において最低投票率なんて規定されてなくてもいいかと書きましたが,ちょっと勉強してみて,早くも矛盾を感じてきました.憲法96条1項: この憲法改正については,各議院の総議員の三分の二以上の賛成で,国会がこれを発議し,国民に提案してその承認を得なければならないとあり,国会を「国民代表」の機関として位置づけ,この条文と綺麗に相似形を作るのならば,全国民の三分の二以上の賛成で,国民がこれを承認するとあってよさそうなもので,これが現憲法に沿ったあり方のように見えてきます.最低投票率の規定な... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 01時05分

» 【東京都知事選】「『日の丸・君が代』押し付けは人権侵害」という類の石原慎太郎批判では、ダメなんだよ。 [ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)]
東京都知事選関連の話、もう少しだけ。 結局、石原慎太郎氏とは民衆の「不安心理」に巧みに入り込むことによって支持を獲得している政治家ということに尽きると思いますね。 石原氏の政治手法というのは、庶民の眼前に<分かり易い「敵」>を提示して、その「敵」を徹....... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 08時28分

» 猿田弁護士の「強硬採決」直後の報告 [競艇場から見た風景]
「国民投票法案強硬採決コメント」=猿田佐世弁護士 こちらは 「衆議院本会議」採決報告 憲法審議ってば、今どうなってるの? 国会速報 No.27(07/04/13) より抜粋引用 ●4月13日 午後1時 場内の3分の2が与党という、議場は、圧倒的な雰囲気。 3分の2の圧力..... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 12時13分

» 佐藤優さんの護憲論2 [喜八ログ]
雑誌『世界』2007年05月号掲載の佐藤優(起訴休職外務事務官)による記事「山川 均の平和憲法推進戦略――「新たな共同体」を遠く望んで」から「護憲」に関する部分を紹介します。 [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 12時38分

» 加憲論の出番 [ 反戦老年委員会]
 わが委員会が、公明党の「加憲」という方法に賛意を表明したのは、05年の8月、1 [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 21時01分

» ブログ仲間の皆さん;選挙運動中の長崎市長が銃撃された日本が怖いです! [青山はここにありました::社会批判がてんこ盛り!!]
ブログ仲間の皆さん;選挙運動中の長崎市長が銃撃された日本が怖いです! 本当にとんでもないことが起こっております。選挙運動中の長崎市長が暴力団団員に銃撃されるとは。 日本は「美しい国」ではありません。○某の支配する、怖い国なんです。安倍壺三の、小泉の親友のブッシュの支配する国、米国でも、何と30名を越える大学生が、大学側、特に学長の無作為の中で命を落としました。いかにも残念しごくな日米同盟です。... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 23時22分

» 国民投票法案の慎重審議を!(2)&中川の中国に関する問題発言 [日本がアブナイ!]
<文末のおまけの部分に、中国の温首相来日&中川昭一氏の問題発言をアップ>  これは、17日朝に書いた、「国民投票法案の慎重審議を!(1) ~参院は波乱の幕開けに。 安倍暴挙を許すな!~」の続きです。  質問があったので、与党の主張に対する考えを先に書くことにする。  いつも書いていることだが、私は、国民投票法案自体を作ること自体には反対では ない。  高校の政経の勉強をしていて、憲法改正手続きに関する法律が全くないことを知った 時には、「何でこんな大事な法律が、まだ作ら... [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 23時33分

» 『博士の独り言』は「偽り事」がお好き♪ [カナダde日本語]
『kojitakenの日記』の「虚偽に基づいて読売新聞を誹謗中傷する悪質ブログ『博士の独り言』」がjanjanの「一触即発 左右ブロガー〜読売新聞「731部隊」報道で」(2007/04/16)という多少おおげさな題でとりあげられている... [続きを読む]

受信: 2007年4月18日 (水) 01時16分

» 平和都市「長崎」で再び市長を狙撃 [競艇場から見た風景]
選挙中の市長を銃撃するとは「卑劣」それ以外の言葉が・・・ 前市長本島等氏も右翼団体に銃撃され重傷を負わされている。 私が身体・心が病んだ時に「小浜・雲仙温泉」行く道筋が犯行現場・・・ 何とも気が重い。遣り切れない。 ご冥福をお祈り申し上げます 本島元市長「暴..... [続きを読む]

受信: 2007年4月18日 (水) 21時47分

» 【従軍慰安婦問題】産経新聞の歪曲報道 [人工樂園]
米国議会調査局は日本の慰安婦問題に関する決議案に関連して議員向けの調査報告書をこのほど作成した。同報告書は安倍晋三首相の一連の言明を「矛盾」と批判しながらも、焦点の「軍による女性の強制徴用」については軍や政府が全体としてそうした政策をとってはいなかったことを認める見解を明らかにした。 (産経新聞4月12日「『組織的強制徴用なし』 慰安婦問題 米議会調査局が報告書」より)  私がこの記事を知ったのは日本会議系の某極右ブログにおいてのことで,これを見たときは「アメリカ政府が火消しに動いてきた... [続きを読む]

受信: 2007年4月19日 (木) 22時37分

» 人間は、いったい何をしているのか [薫のハムニダ日記]
モスクワ郊外で極右グループに属するスキンヘッドの若者が、ナチスの敬礼ポーズをとっている。ロシアではこの数年間で人種差別や排外主義が蔓延してきており、アドルフ・ヒトラーの誕生日である4月21日を控えてモスクワ大学は留学生に対して注意を呼びかけている。【AP/2007-04-19】 第二次世界大戦当時のナチスによるホロコーストを記憶する記念日である16日、イスラエル・エルサレムの路上で黙祷のサイレンが鳴ると、行き交っていた市民が全員その場に立ち止まり、黙祷を捧げている。【エルサレム=ロイター/... [続きを読む]

受信: 2007年4月20日 (金) 01時18分

» 放送法「改正」 [人工樂園]
 昨日のポストで産経新聞の歪曲報道をとりあげたので,下の記事は読み流せませんね。 ……今回の放送法改正では、 第五十三条の八の二として、   【1 総務大臣は、放送事業者(受託放送事業者を除く。)が、虚偽の説明により事実でない事項を事実であると誤解させるような放送であつて、国民経済又は国民生活に悪影響を及ぼし、又は及ぼすおそれがあるものを行い、又は委託して行わせたと認めるときは、当該放送事業者に対し、期間を定めて、同様の放送の再発の防止を図るための計画の策定及びその提出を求めることが... [続きを読む]

受信: 2007年4月20日 (金) 22時16分

» 大阪府門真市議会議員候補戸田ひさよしさんの紹介 [日本国憲法擁護連合〜法大OBのブログ]
明るい共産党をつくる会さんも私も支持する大阪府門真市議会議員候補、戸田ひさよしさんのビデオをピックアップして紹介します。戸田さんのビデオをご覧になりたい方は、以下のURLをクリックしてください。 戸田さんは反戦福祉議員ネットや、関生労組や、社民党衆院議員の辻元清美さんなどとともに、関西の反戦・平和・労働運動を展開されてきた革新・市民派の議員さんです。 『戸田ひさよしの自由自在ホームページ 』サイトの「2007年 門 真 市 議 選 情 報」から ■戸田の個人演説 ネット配信!! ■戸田が詳... [続きを読む]

受信: 2007年4月22日 (日) 05時49分

« 国民投票法案 | トップページ | 日本て独立国じゃなかったの? »