« 辺野古の海と東国原知事 | トップページ | シリーズ医療も命も削られる(1)-後編 »

2007年5月25日 (金)

屁理屈

Miyauchi

五十嵐仁の転成仁語で知りましたが、内閣府の審議会である「規制改革会議」再チャレンジワーキンググループ・労働タスクフォース(何でこんなに横文字ばかりなのでしょう?)が5月21日に出した答申はもうやりたい放題の内容です。

以下はその答申の前文からの抜粋ですが、分かりやすくするために箇条書きにして番号をふりました。全体が見たい方はコチラにあります。


一部に残存する神話のように、労働者の権利を強めれば、その労働者の保護が図られるという考え方は誤っている。

  1. 不用意に最低賃金を引き上げることは、その賃金に見合う生産性を発揮できない労働者の失業をもたらし、そのような人々の生活をかえって困窮させることにつながる。

  2. 過度に女性労働者の権利を強化すると、かえって最初から雇用を手控える結果となるなどの副作用を生じる可能性もある。

  3. 正規社員の解雇を厳しく規制することは、非正規雇用へのシフトを企業に誘発し、労働者の地位を全体としてより脆弱なものとする結果を導く。

  4. 一定期間派遣労働を継続したら雇用の申し込みを使用者に義務付けることは、正規雇用を増やすどころか、派遣労働者の期限前の派遣取り止めを誘発し、派遣労働者の地位を危うくする。

  5. 長時間労働に問題があるからといって、画一的な労働時間上限規制を導入することは、脱法行為を誘発するのみならず、自由な意思で適正で十分な対価給付を得て働く労働者の利益と、そのような労働によって生産効率を高めることができる使用者の利益の双方を増進する機会を無理やりに放棄させる。


まずに関しては、現在の最低賃金では暮らしていけない、生活保護費よりも低い収入になってしまう所謂ワーキングプアといわれる人々の問題を、”生産性”という彼らの大好きな言葉を使って個々人の能力の問題にすり替えています。個々人がつましくも生活していけるようにという観点がすっぽり抜け落ちているので、このような考え方になってしまうのでしょう。さらにはこの考えは現在の生活保護費の引き下げにも口実を与えかねません。
についても逆立ちした考えだと思います。結婚や育児、介護で働きたくても仕事を辞めざるを得ない立場に得てして女性は追い込まれやすいという現実を無視した経営者側の口実にしか思われません。
,も実に狡猾な論法だと思います。労働者の側に立つふりをして、そのじつ経営者側の横暴や脱法行為は自然に”誘発される”ことで片付けられています

とにかく「規制を設けると脱法行為などを誘発するからやめたほうがよい」ということのようですが、かれらの違法行為や脱法行為から労働者を守るためにこそ、これらの規制が設けられてきたのではなかったのでしょうか? 速度制限を設けると違反者が出るから速度制限は撤廃した方がよいと、運送トラックの会社が進言しているようなものです屁理屈とはまさにこのことでしょう。

この種の審議会は経営者や学者のみで構成されていて不公平ではないのかなと以前から思っていましたが、そのとおりのようです。

|

« 辺野古の海と東国原知事 | トップページ | シリーズ医療も命も削られる(1)-後編 »

コメント

メディアと政治家や財界のバカバカしさは今にはじまったわけじゃないんですが、もういくら権力者にいったところで、言い続けることは必要ですが、今すぐはもう変わらないんではないかとは思います。
ワーキングプアにしても、そうなんですがまず日本国内でものが売れなくなってるんです。ものの価格をさげても売れない。原因は庶民が将来に不安を覚えてものを消費しなくなってるんでしょう。支えてくれる若者や子供も少なくなって年金もあてにできない、夕張市のようになるかもしれない。また新興国の資本市場の参入によって資源の高騰により、仕入コストが高くなり、日本の国内企業は今までどおりいかなくなってるんですね。
また三角合併解禁によって買収の危険にさらされて、労働者の賃金にまで回らないんでしょう。
賃金あげたら、株価がさがり、買収のリスクにさらされる。賃金下げて、株の配当にまわすと、組合が騒ぎ、内輪もめしている間に、株価が下がる可能性もある、株価をあげ買収防衛したいんですが、かといって従業員を路頭に迷わすわけにはいかない、その当たり経営陣は苦しいんでしょう。
だから人材派遣など使って、つかいすてにの時代になってるんです。
経営陣や50代はにげきれるかもしれないが、
しかしそれから下は上がやってきた政策のツケを払う必要はないんですが、このままいくと払わなければならないでしょう。
選挙にいく多数派はネットの知らない、メディアに扇動された暇な高齢者 たちです。
国や地方はもう財源があっぷあっぷで責任もとらないから、さっさと距離をおいて、外に目を向ける必要があると思いますね。

投稿: ソクラテス | 2007年5月25日 (金) 19時22分

はじめまして。屁理屈を見事に説明してくれてありがとう。審議会の構成が不公正もその通りだと思います。先ほどのニュースで与党が社保庁改革法案を採決して可決しましたが与党はやりたい放題で参院選で過半数を取れないようにしないと日本は崩壊すると思います。

投稿: 鳥居祐一 | 2007年5月25日 (金) 19時27分

ソクラテスさん、いつもコメント有り難うございます。

あなたの仰っていることの方がまだ説得力がありそうですね。それならそれで堂々とそのことを明らかにして(その是非は別にして)、「だから人材派遣などに頼らざるを得ないのだ」と正直に言えばよいものを、このワーキンググループの方々は詭弁もよいところで全く信用するに値しません。

それからちょっと気になったのですが、年金は賦課方式ではなく積み立て方式なので「支えてくれる若者や子供」の多寡は関係ないのではないでしょうか。

投稿: panta | 2007年5月27日 (日) 07時28分

鳥居祐一さん、こちらこそ初めまして。

中日新聞の社説の記事、読ませていただきました。如何に政府の対応が杜撰で場当たり的なものかよくわかります。

一方昨朝の読売新聞の一面も昨夜のNHKラジオの7時のニュースもぱっと見たり聞いたりしただけでは、安倍首相が親切な救済策を提案しているのに野党はまた反対のために反対していると受け取られかねない構図でした。あくまでも構図で、よく見たり聞いたりすれば違うのですが、忙しさや無関心からその構図だけで判断される方も多いのではと危惧しています。

投稿: panta | 2007年5月27日 (日) 07時29分

たしかに関係ないでしょう、ただ現実は政府は年金がいまどうなっているか民間並の情報公開してませんし、社保庁は不祥事ばかりおこして、運用先も高い退職金をもらっている役人の天下り先ハコモノ創って赤字を垂れ流しているし、小子化で年金を払う人が少なくなった場合、年金を支払い終えた人がこれから多くなり、政府が年金をうまく運用して増やしていかなければ、年金の資産の分母が減って、今払っている若者や年金を今後払う未成年以下は年金の受給側に回るころはもう破綻しているのではという思惑が働いてるんでしょう。年金の資産がなくなるば、大増税するしかない。腹立つのは政府、役人や政治家の政策失敗の責任をとらず知らんぷりしている多数派なんですが、もう引退している人がおおいいし、責任追求はできるんですが、やることもなさそうです。
現在年金の受給側の人達は暇なネットの知らないテレビ局に毒されている多数派老人ばかりでしょう。年金もらいたいから、逃げ切れる政策を掲げている政治家に投票しますから。だからもう現在
何をいっても代わらないから、距離をおいて気付いた人は外に目先を向けたらというスタンスです。

投稿: ソクラテス | 2007年5月27日 (日) 11時25分

TBありがとうございました。このレポートは、「不用意に」「過度に」と先入観をもたせる書き方が卑劣ですね。
 以前、終身雇用年功序列の日本企業は、簡単に首切りもできず、知恵を絞って技術力を上げましたが、その間、アメリカ企業は第三世界などの比較的低賃金で勝負しようとして、質を上げる努力をせず、製造業の質を落としてしまいました。
 21世紀に入って、フォルクスワーゲン社などが最高益をたたき出していますが、労働者の権利を守り、ユーロ高の中で知恵を絞った結果です(もちろん影の部分もありますが)。
 日本がこんなことをやっていると、かつてのアメリカの二の舞ですね。TBした記事にも書きましたが、中小企業の倒産は増え、その流れははっきりしています。

投稿: luxemburg | 2007年5月27日 (日) 22時58分

TBありがとうございました。
なるほど。すごいものですね。こうやって、為政者にゴマをすり、今までの常識を転覆させようとするんだ。
屁理屈は、すべて雇用者と労働者が経済的に対等という考えがなければでてこない。労働者保護が資本主義発達に寄与したことを忘れている。明治、大正時代の日本ですな。

投稿: ましま | 2007年5月28日 (月) 09時15分

ソクラテスさん、こんにちは。

>政府は年金がいまどうなっているか民間並の情報公開してませんし、

私も年金の相当額がつまみ食いされて焦げ付いてしまっているのではないかと危惧しています。そのためにもしっかりとした情報公開をして欲しいですね。

投稿: panta | 2007年5月29日 (火) 13時51分

luxemburgさん、こちらこそTB有り難うございます。

TBいただいた記事のリンクから”DVD「誇り〜伝えようこの日本のあゆみ」”を知りましたが、教育は教育ですでに恐ろしい歩みが始まっているようですね。免許更新制にされてしまった教師の方々は反旗を翻すのがとても難しい状況になってしまったと思います。

投稿: panta | 2007年5月29日 (火) 13時53分

ましまさん、コメント感謝しています。

>明治、大正時代の日本ですな。

私も産業革命の頃の資本家がひね繰り出しそうな詭弁だなと思いました。これが現代日本の政府直属審議会の答申なのですから、唖然としてしまいます。

投稿: panta | 2007年5月29日 (火) 13時54分

ソクラテスさん,こんにちは.

>現在年金の受給側の人達は暇なネットの知らないテレビ局に毒されている多数派老人ばかりでしょう。年金もらいたいから、逃げ切れる政策を掲げている政治家に投票しますから。

大きい病院に住んでると(時たま入院もしますが),同じ病室のじーさんたちは,一日中イヤホンでテレビを見て過ごしてるんですね.元気な人は6時の起床と同時に新聞の自動販売機でスポーツ新聞を買ってきてますけど(笑) 付き添いの奥さんとの会話を盗み聞きしてると,自分たちの利益の話ばっか.奥さんが昨日証券会社の方が見えて,中国株買いませんかと言ったから百万ほど買っておきましたなんて話をしてて,新約聖書じゃないけど,富は天国へ持って行けないんだよ,と説教したくなりました.(^^;)今年か来年にはどうせ暴落するの分かってないのかな

投稿: kaetzchen | 2007年5月30日 (水) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136135/15195692

この記事へのトラックバック一覧です: 屁理屈:

» 『美しい星』だって [関係性]
 「温暖化対策は『美しい星50』 首相、サミットで表明へ」(asahi.com07年05月24日21時46分)が載った。  「安倍首相は24日、地球温暖化対策に世界全体の参加を呼びかける戦略『美しい星50』を発表した。2050年までに全世界の二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量を現状から半減させることを世界共通の目標として掲げ、ポスト京都議定書となる13年以降には米国、中国、インドなどすべての主要排出国が参加できる枠組みづくりを提唱した。同議定書で日本が12年までに90年比で6%削減するとし... [続きを読む]

受信: 2007年5月25日 (金) 16時06分

» アベ・イニシアチブに、命を預けますか? [とむ丸の夢]
 もう、むちゃくちゃだ。 とにかく参院選向けに、少しでも、ちょっとでも、点取りだ。姑息なこの人らしい。「2005年までに、CO2 半減」 アベ氏が24日発表した地球温暖化対策に盛り込まれた温室効果ガス排出量の数値... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 12時02分

» とくらたかこさん徳山駅前事務所開設! [喜八ログ]
今日(2007-05-27)、民主党公認候補・戸倉多香子(とくらたかこ)さんの山口県徳山駅前事務所が開設されます。オープニングは午後01時30分だそうです(雨天決行)。 [続きを読む]

受信: 2007年5月27日 (日) 11時56分

» 日本真理教の信者たち [A Tree at ease]
 先日来、大企業が軒並最高益を更新したなど、景気のいい話が聞こえて来る一方で、過労原因の自殺(06年度)は57%増の66人、うつなどの精神疾患認定が61.4%増の205人。過労で脳出血、心筋梗塞などの「脳、心疾患」の認定者355人(うち死亡147人)も過去最多(毎日新聞より)という話もある。 注目したいのが職業別に見て「運輸・通信」関係が最多であるということ。 もっとも「改革」が進む場所はもっとも地獄に近い場所だった ということだろうか。  アホなピエロの口車に乗せられた国民が国民... [続きを読む]

受信: 2007年5月27日 (日) 22時44分

» 科学を忘れてカネに走った自業自得 [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
贈賄会社から献金、ナントカ還元水… 松岡氏に疑惑数々(朝日新聞) - goo ニュースについて.  高校時代,こんなジョークがクラスで流行ったことがある.「一に勉強,二に受験,三に官僚,四にワイロ,ほんでもって五で自殺〜!」 とにかく官僚になれ医者になれとうるさい進路指導の先生をからかって,誰かがマンガの台詞から引用したらしい.まさに,このジョークそのままの事件と発展してしまった. # どこかの誰かは「死人をさらに罰するのは間違ってる」とか,「マスコミが自殺に追いやった」と,勘違いのことを抜か... [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 19時36分

» スロービジネスの積極的意味『半農半X』 [関係性]
 26日・27日と経済経営系学会に出かけ、若い研究者や未だに仕事に就けない人たちと学会そっちのけで喫茶店で会話した。  そこでは月刊誌『Fole12月号』(みずほ総研)の記事「進化した『スロービジネス』5つの着目点」(注1)を前にして議論し、私が体験したスロービジネス(SBS)の清里での合宿(注2)の話や「耕さぬ田 根付くか」(朝日新聞5月24日付け朝刊)での従来の農法と違って「農薬使わず低コスト」へと話が進んだ。  勿論、これらの話には研究者としての興味を湧かせ、同時に、将来少しは自分の問題として... [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 20時07分

» 安倍晋三よ,今度はお前の番だ! [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
「談合指南役」元理事宅に家宅捜索 緑資源機構談合事件(朝日新聞) - goo ニュースについて.  と,いう訳で,連続2日でこの事件をネタにするはめとなりました.ちなみに画像は 独立行政法人 緑資源機構 (Japan Green Resources Agency) http://www.green.go.jp/ から頂きました.4分割してあったので,画像処理ソフトがない (視力が悪いせいもある) 私には全部を繋ぐのは無理だったので,引用は一部だけとさせて頂きました.   朝日新聞の 28日付の... [続きを読む]

受信: 2007年5月29日 (火) 21時02分

» 暴走する国~スキーバス事故,社長らを逮捕に思うこと [はじめの一歩]
2月に大阪で起きたスキーバス事故で,大阪府警はバス会社社長,専務である社長の妻,運転していた長男を逮捕したそうです.過労運転の下命および過労運転の容疑.亡くなった添乗員は社長の三男です.関係者が家族なのかどうかは伝えていない報道もあるので,間違っているかもしれません.東京新聞:過労運転命じ、社長ら逮捕 NHKスペシャル:高速ツアーバス 格安競争の裏でNHKスペシャルでは,今回逮捕されたバス会社社長もコメントしていました.長距離バスには公示運賃というのが決められていて,バス会社は,特別な事情がない限... [続きを読む]

受信: 2007年5月29日 (火) 23時55分

» 疑獄関係者の死の裏で [とむ丸の夢]
家人がつけていたスパモニを聞いてしまいました(家事をしながらですから、テレビでも「聞く」のです)。 松岡・山崎両氏の自殺(?)を時系列に沿って、ごく簡単に報じていましたが、鳥越氏が「疑獄」という言葉を使っていたの... [続きを読む]

受信: 2007年5月30日 (水) 13時11分

» アベ_コイズミ路線ですさんでいく心 [ファミリー メンタル クリニック]
ニュースに即反応して松岡大臣死去についてblogに書いたりした。 きっとblogでは松岡大臣の死について考えるblogとZARDの坂井泉水さんの死亡を追悼するblogと多くの感想などがネット上を飛び交ったのだろう。 坂井泉水さんの死亡記事は衝撃的だった。この2日は朝夕、車でZARDを聴いている。負けないで!の歌詞を噛みしめながら。 だけど、ふと思った。 松岡大臣の死に際してボクは極めて政治的なことを考え始めていた。 何故亡くなったのだろうか?理由を考えていた。単純に自殺ではないのでは・・・とか含... [続きを読む]

受信: 2007年5月31日 (木) 08時57分

» 「拉致被害者」ならば「美しき天燃」 [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
韓国外相、「脱北者」受け入れ表明(朝日新聞) - goo ニュースについて.画像はたまたま見つけたシロツメクサの花.  韓国は「脱北者」については非常にナイーブである.高額な生活保護を支給し,できるだけ北時代と同じ就職を斡旋し,ソウル郊外の高層アパートへ住まわせる.そして,日本の「拉致被害者」と大きく異なる面は,「彼らを見世物にしないこと」,つまり人権がきちんと守られていることである.  朝日新聞社が主催させられた某写真展の両親は老齢も重なって,ついに身体を壊し,統一協会の道具とされてきた「拉... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 20時03分

» 悪い子,弱い子,ふつうの子 (笑) 欽ドンでいってみよ〜! [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
 たまたま,とむ丸さんのブログ 強い子、良い子、明るい子。電球のように明るい日本、なんてまさか、首相が! を読んでいたら,昔の松下のCMソング「あっかるーい,ナショナール! あっかるーい,ナショナール! 皆んな,家じゅう,何でもナショナルー」を思いだしてしまいました.  今では手を広げすぎて,パソコン以外には見る影もない家電 (先日には高槻の半導体工場潰しはった),そして地道な電工を合併するのどうので経済面を賑わしている.トヨタのように三代目まで利益を伸ばし続け,常に新しい産業を開拓した訳でなく... [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 20時06分

» ZAKI選対、動き出しました! [野生化の時代]
(転送歓迎) 28日に正式に9条ネットからの参院選全国比例区、立候補が報道機関に発表されました。 何しろ初めての選挙なので、選対の立ち上げと諸々の手続きや選挙カーやライブの準備などに忙殺され、更新が遅くなっちゃってごめんなさい。^^; きのう、東京で決起ライ..... [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 23時12分

« 辺野古の海と東国原知事 | トップページ | シリーズ医療も命も削られる(1)-後編 »