« 学会員の皆様へ | トップページ | 小さな、小さな護憲運動、でも…。 »

2007年7月30日 (月)

政治の話をしよう!

 いろいろな意見があるかも知れませんが、少なくとも圧倒的多数の国民が安倍首相のやり方にNOを突きつけたと言うことで今回の参院選の結果は大いに評価して良いものだと考えます。

 特筆すべきことは公明党が議席を減らしたことと、公明党の支持者(≒創価学会員)の自民党候補への投票数が減少したと言われることです。当たり前のことですが学会員は決して単なる集票マシーンではなかったということでしょう。お一人お一人は今の自民党政治の荒波をもろに受けつつも毎日を一生懸命生きている方々です。生活に根ざした考えをお持ちなのは私たちと変わりはないのだと思いますが、信仰心が強いが故に今までは学会の推薦通りの投票行動をとってきたのでしょう。この変化は自民党などの新自由主義に対する公明党のつきあい方にも影響を与えざるを得ないのではないかと思います。

 さて今回の参院選、私個人で言えばこんなに政治的な活動をした選挙はありませんでした。といってもビラ配りをしたり応援候補の集会に参加したわけではありません。政治について家族や周囲の人達と話したり、候補の選挙事務所に電話して疑問点をただしたり、戸倉さんの応援のために山口県の同級生にメールを送ったり、山口県が実家の知人に電話したりと、実際に政治活動をしている方から見ればママゴトのたぐいかも知れませんが…。

 郵政解散総選挙の茶番劇とそのマスコミの報道ぶりに怒り心頭に発しこのブログを始めた私ですが、実生活の舞台で声を発していくことの大切さが分かってきた気がします。今春の都知事選挙の時に初めて思い切って遠くの親戚や友人に思いの丈を書いたメールを送ってみたのですが、今の自民党の新自由主義的な政策に決して皆さん満足しているわけではない返信が届き心強く思ったものです。今回の参院選で送ったメールにも同様の返信をいただきました。

 一方ごく身近な方の中に公明党の母体が創価学会だと言うことを知らない方が複数おられて正直驚きました。今まで公明党の組織票などといわれていましたが、こういう方達の票も少なからずあったのではと思うと複雑な思いですが、今度の選挙では公明党≒創価学会という認識の元で投票してくれたものと思います。

 参院での与野党逆転はなりましたが、大量に当選した民主党議員の中に護憲派がどのくらいいるのか、秋の臨時国会で予想されるテロ特措法延長法案に一致団結して反対してくれるのかまだまだ予断を許しません。ただ今回の”私の選挙運動”から得た経験は貴重でした。まずは周りの人、身近な人に日常会話の中で政治の話をしてみること、そこから全てが始まるのだと思います。

|

« 学会員の皆様へ | トップページ | 小さな、小さな護憲運動、でも…。 »

コメント

 こんばんは。
 同感です。

投稿: 闘うリベラル | 2007年7月30日 (月) 21時45分

おはようございます。
選挙が終わり、野党が勝利したことに安堵しました。
今回も井戸端会議の中でわかったことは
私たちのようなおばさん軍団の中には民主党=護憲派と思ってる人は多くいたということです。
娘は東京在住ですが、候補者をネットで調べ明らかに護憲をうったえる候補者に1票を投じたそうです。

投稿: korokoro | 2007年7月31日 (火) 11時08分

korokoroさん、いつもコメント有り難うございます。

粘り強く一人一人に話していくしかないですね。一人の影響力は小さくても塵も積もれば何とやらだと思います。

投稿: panta | 2007年7月31日 (火) 13時47分

闘うリベラルさん、コメント有り難うございます。
TB送らせていただきました。

投稿: panta | 2007年7月31日 (火) 13時49分

 初めまして。トラバいただきありがとうございました。

 日々の努力は必ず報われます。すばらしいことを実践されていますね。

 わたしはブログで発信することによって、少しでも日本の将来を明るく、子供たちの夢を実現できる世の中にしようと頑張っています。

 これからもよろしくお願い致します。

投稿: いわれひこ | 2007年8月 2日 (木) 08時17分

いわれひこさん、こちらこそ初めまして。

息苦しい世の中になってしまわないようお互い頑張りましょう。

投稿: panta | 2007年8月 2日 (木) 16時21分

そうですね。一人でも多くの人に話しましょう。
特に今は、チャンスです。
年金問題で敷居は確実に低くなっていますから。
商売では、「1人の後ろに100人いると思え!」は
何にでも通ずることです。
政治の話はタブー・・
政治に興味があるのは変わった人・・
という日本人の観念はよくないですね。

投稿: ココロ | 2007年8月 3日 (金) 10時25分

ココロさん、コメント有り難うございます。

政治の話はタブーというのはそれがイデオロギー選択を連想させていたからでしょうかね。たしかに今の方が平和や格差について相手を身構えさせること無しに話せそうです。

投稿: panta | 2007年8月 3日 (金) 13時20分

pantaさんの「周りの人、身近な人に日常会話の中で政治の話をしてみること」というお考えに全面的に賛同します。

日常生活で政治の話をすることがはばかれるような環境を生んできたこと、これは一種の「刀狩り」が行われてきたのではないかと思います。

   *   *   *

衆議院選挙の投票率は昭和後半から一貫して低下傾向にあり、2005年「郵政民営化解散」選挙では前回比で8ポイント近く上昇し、小選挙区、比例区とも投票率は67%を超えましたが、参議院選挙の投票率は同時選挙などの場合を除き常に大幅に下回る状態で、07年でも60%を超えませんでした。

政治を日常生活から切り離し、選挙の秘密投票でだけしか政治見解を表明させないように仕向けられてきた結果、唯一最後の政治見解表明の場である投票ですら、有権者の3割が確固たる無投派であるというのは由々しき事態であると思います。

投稿: ゴンベイ@AbEndフォーラム | 2007年8月 5日 (日) 19時03分

ゴンベイさん、はじめまして。コメント有り難うございます。

一種の「刀狩り」ですか。確かにそうかもしれませんね。しかし、この「刀狩り」は言ってみれば自主規制のようなもので、まだ今なら刃(やいば)を研ぎ澄ましてしっかりと懐に蓄えておけます。むしろイデオロギー云々の白い目で見られることが少なくなった今こそ、逆に周りに話かけやすくなったのではと最近思っています。

投稿: panta | 2007年8月 5日 (日) 21時09分

どうもお久しぶりです。

遅ればせですが、今回は対立候補(国民新党)の方に入れました。
結果は自民保守王国がひっくり返りました。
自分の本位ではなかったのですが、ちょっと依頼を断れない方から頼まれたので・・(でも比例は自民の中山女史)。
しかし、彼女は改憲派で自民とはそう違わない主張の方(父親が元自民党議員)だったので、自民党支持者でも入れ易かったことは確かです。

しかし、いくら誤魔化しても「護憲勢力」は衰退しているのは確かですよ?
共産社民は比例を入れても議席得票減です。

自分の地区も社民党が一応選挙協力してましたが、例の方の事務所で自党の結果を見て愕然としていましたし、地方組織内部では結構不満が燻っているみたいです(不平不満が多いし、選挙での応援の出席率も悪い)。

今回の民主一人勝ちで、お次の国政選挙で今回のような「野党選挙協力」が成立するか微妙でしょう。

投稿: 竹島島民 | 2007年8月 6日 (月) 12時18分

竹島島民さん、本当にお久しぶりですね。コメント有り難うございます。

今回の選挙結果、あなたが言われるように護憲派の退潮傾向に歯止めがかけられなかったのはとても残念でしたが、何とかこの国でも政権交代が視野に入ってきたことには満足しています。

個人的には候補の選挙事務所に電話して9条や集団的自衛権に対する考えを質問したりとどうやら私の尻にも火が付いてきたようです。

今後は県内の民主党や自民党の現職議員に憲法をどうするつもりなのか、とくに改憲派の議員には早急に変えたがっている根拠は何かをお聞きし、その上で彼らに護憲を働きかけていくかにはどうすればよいかを考えてみます。彼らとて平和な世界にしていきたいことに異存はないでしょうから。

投稿: panta | 2007年8月 7日 (火) 06時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136135/15951406

この記事へのトラックバック一覧です: 政治の話をしよう!:

» 参院選翌日,小田実さんが亡くなられたけど,また新たな一歩へ [はじめの一歩]
喜んでいいのか複雑な思いです.私が個人名を頭に浮かべて応援していた人は,東京都の [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 00時10分

» 安倍が退陣するか否かで、この秋の国政は大違い!+街頭の聴衆で「民意」を判断する安倍 [日本がアブナイ!]
_<) <日本人はミーハーが多いから、有名人がいれば、とりあえず一目見ようと集まるし、 別に好きな人でも、応援している人じゃなくても、とりあえず手を振ったり、拍手や 握手をしたり、写メ撮ったりするものなのに~。(・・)>  でも、彼らは、国政選挙という国民の審判でNO!と言われても、自分たちの基本 政策は理解、支持されていると勘違いしてしまう<強引にこじつけてしまう?>ような、 民意を感じるセンサーを持たない政治家たちなのである。 <だから、選挙で負けちゃうんだろうけど。^^... [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 11時06分

» 選挙が終わって・・憲法は? [関係性]
 自民党の小泉大勝への抵抗が、今回の安部大敗であった。  気持ちのワクワク感を開票速報から得たが、テレビ報道から見る限り、1人区での民主党の訴えはかつての自民党の姿に瓜二つに見えてきた。それでも、地方の弱小農家に多大の希望を与えた民主党のマニフェストには期待がかかる。そして、その実践に期待をかけたい。  ところが、翌日になって、各党の議席数が確定したのを見ながら、「九条護憲派」の議席数がどうなったかが不安になってきた。  もし、「九条改憲派」の議席数が増えたとしたら、安部改憲勢力が勝利したも同然であ... [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 14時03分

» 何言ってるか全然分からない [はじめの一歩]
と参院選翌日のニュース23で,田勢さんは言っていました.安倍総理の記者会見に対し [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 01時25分

» 新しい一夜が明けて〜改憲作業スタート [津久井進の弁護士ノート]
 参議院選から一夜明けました。  ブログも1日だけ一休みさせていただきました。  みなさんお疲れ様でした。  政治ブログランキングからは撤退し,法律ブログと社会ブログの方に移ります。これまで,どうもありが... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 07時57分

» 慰安婦決議と対日礼賛決議。矛盾する2つの決議を連続で可決するアメリカの意図は? [にほん民族解放戦線^o^]
  従軍慰安婦をめぐり日本政府に謝罪を求める決議案が、米下院本会議で可決された。 従軍慰安婦問題に関しての私の考えは、以前のエントリー 『軍慰安婦を非難するアメリカは、なぜ自らが行なってきた大量レイプと虐殺を謝罪しないのか』 の通りなので繰り返さない。 {/face_warai/}続きを読む前にクリックで応援おねがい!     ↓         ↓         ↓    池田信夫bloghttp://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/439615f9877a4c... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 22時20分

» うさぎ台風。9条にエール [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2007.8.1.00:40ころ う、うさぎ台風が接近しておる!! 台風の名前、 [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 22時56分

» 裁判員法を巡る疑問に弁護士会も見解発表〜市民に分かりやすい説明を求めるべき! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
       裁判員法67条1項の解釈を巡って疑問があることを「裁判員法の条文が不明確なのは何故か?〜システムへの無頓着さが悪用される恐れも…」(←クリック)で、少し前に報告しましたが、こういった疑問に対し、日本弁護士連合会がこのほど、上記のような見解を発表しました。  本件は、67条1項には、「評議における裁判員の関与する判断は、(中略)構成裁判官及び裁判員の双方の意見を含む合議体の員数の過半数の意見による」とあり、これについて、【仮に裁判員六人が無罪で、裁判官三人が有罪の場合、条文をそのまま読... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 04時44分

» 護憲政党のあしたはどっちだ! [BLOG BLUES]
新自由主義・改憲勢力の、うふふふふってな含み笑いが、 僕には聴こえるんですけどね。しっかし、左派・市民派ブロガーの 言説って何だろう。戦前熱望していた通り、ものの見事に野党が、 完膚なきまでに与党を、叩きのめしたではありませんか。勝利の雄叫びを 上げてくれよ。これで、新自由主義・改憲路線を頓挫させたと。 今になって、手放しでは喜べないって。はあ?だったらさあ、戦う前に ちゃんと言ってくれよ。民主党は保守政党であり、積極支持すべき対象ではない、 保守二大政党制の定着こそが、新自由主義... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 16時44分

» 中華人民共和国・人民解放軍創設80周年紀念万歳! [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
中国人民解放軍、創設80周年記念式典 胡総書記が演説(朝日新聞) - goo ニュースについて.  胡錦濤・共産党総書記はもともと技術官僚であり,軍の経験はない.だから,あくまで人民解放軍は国軍でないという立場を堅持している.そのかわり,十数人の上将(大将)を任命し,軍内部に人脈を造り,着々と人民解放軍の掌握を企んできた.  1日に人民大会堂で開かれた紀念式典では江前総書記・李鵬元首相・朱鎔基前首相ら,かつての指導者も出席し,胡錦濤氏が人民解放軍だけではなくかつての長老たちも傘下に入れているこ... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 17時27分

» さあ、これからです、気を引き締めて! [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
参院選に向けて、日夜ブログの更新に励んだ皆さん、お疲れ様でした! 結果はご存知のとおり、民主党大躍進、わーいわい! ところが、選挙結果を眺めても、なんとなく心が弾まないのはなぜでしょう。 大躍進!した民主党の陰で、社民と共産は議席数を減らしました。これは、日本がアメリカのような2大政党性に進む前触れではないか? わたしの心のモヤモヤを、半分代弁してくれている記述を見つけました:萬晩報-お江戸のデスク日記「”勝利宣言”なき民主の参院選大勝」民主党には、これからも反・対米従属、反・新... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 18時57分

» 少年少女よ「君たちはどう生きるか」 [再出発日記]
「君たちはどう生きるか」(岩波文庫 吉野源三郎)この固い題名から小難しい理屈を並べた哲学書の類を想像してこの本を敬遠していた人がいるとしたら、その人は不幸である。こんなに面白い本はめったにあるものではない。少年が読んでも発見だらけの本であるが、大人が読ん...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 19時36分

» 安倍首相が出ると視聴率が下がる [JCJ機関紙部ブログ]
 「ジャーナリスト」06年11月号「緊急発言」から。昨年は年末に教育基本法改定が押し切られ、共謀罪導入は待ったをかけました。  JCJ賞選考委員、大谷昭宏さんのインタビューです。 共謀罪は公権力の周到な網打ち  二重構造に乗ったメディアの限界  ゲリラ的な智恵が悪法を止める  市民の運動や今年のJCJ賞を受賞した東京新聞特報面や「サンデープロジェクト」の報道が世論を牽引し、成立を押しとどめている共謀罪。いじめ自殺や未履修が顕在化する中で強行されようとしている教育基本法改定。この状況に抗す... [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 10時54分

» 米下院の従軍慰安婦決議に対抗して東京裁判の再審を、 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
 米下院のいわゆる従軍慰安婦問題に関する非難決議だが、日本の有識者たちが米国の有力紙に掲載した意見広告が、かえって反感を買って、逆効果だったようだ。むしろおとなしく頭を下げて台風の行過ぎるのを待とうという意見が主流になりそうな雲行きなんだが、わたしは、それはちがうと思う。  そこがアメリカ人と日本人の民族性のちがい、お国柄のちがいではあろうが、だからといってここは、日本人の謙譲の美徳で解決する問題ではない。自由な民主主義と呼ぶ、政治理念を共有する同盟国として、むしろオープンな議論をして、...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 16時52分

» 社保庁・・年金着服1億3291万円 + 生活保護辞退強要 [わんばらんす]
FC2では、だいぶまえからス○ム対策がなされているので、変なTBが少なくなった。というか、ほとんどなくなった。しかし、そのせいか、コメントのほうに貼るようになってきて、振り込め詐欺じゃないけど、雑草のように... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 00時56分

» 野党に期待されること [美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・]
今回の参議院選挙で与野党が逆転した一番の効果は野党が国政調査権を有効に使えるようになった事である。 今までは・・・ 野党が国政調査権を提案→委員会否決→税金や保険料の使い道の使途が解明されない、の繰り返しだった。 民主党を中心にした野党はこの伝家の宝刀を使って自民党と官僚組織が結託した伏魔殿の中身を詳細に有権者に公開してほしい。 特に社民党や共産党を支持する護憲派の中にシニカルな態度を取る人もいるが、私は国政調査権を野党が手に入れた事が今回の選挙結果の最大の功績だと思う。そこは素直に評価したい。... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 01時02分

» 「平成20年記念十万円金貨」発行後に総選挙か? [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
 悪友の税理士から,面白い入れ知恵を仕込んでもらった.上のグラフは 金価格推移|田中貴金属工業(株) からお借りしたものです.  このグラフをよく見て欲しい.約一ヶ月前の6/27に金価格が1g2700円まで下落している.これは何を意味しているのだろう.一般的に貴金属の価格が下がるということは,大口の買いが行われていることを意味する.つまり,国家機関や金融機関が金を買いまくっているということだ.  そして同様に月曜日7/30には最低の1g2682円まで下落している.これもまた,わざと7月22日ご... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 20時07分

» 参議院選挙結果は、マスメディアの誘導に沿ったものとなった [医療制度改革批判と社会保障と憲法]
参議院選挙結果は、マスメディアの誘導に沿ったものとなった このたびの参議院選挙は、自民党惨敗・民主党大勝、護憲勢力後退という結果になりました。   この参議院選挙に向けて、マスメディアを動員しての世論誘導が、あまりにも露骨だと感じたことから、公示日の前日(7月11日)に、最近のマスメディアの報道傾向で、資本(多国籍資本)の企図が見えたhttp://blog.goo.ne.jp/harayosi-2/e/3f06e9f4f8eb4595ca4eb9b0b5814e73 という記事をエント... [続きを読む]

受信: 2007年8月 5日 (日) 10時37分

» 朝日新聞が右傾化した理由 [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
 喜八さん,謎の憂国者「r」さん,こんにちは.本日のあなた方のブログの記事「朝日新聞に騙されるな!」について,私なりに考えたお返事をさし上げようと思います.  まず,朝日新聞が戦後盛んに宣伝した,陸軍悪玉・海軍善玉説ですけど,これについては纐纈(こうけつ)厚さんが『日本海軍の終戦工作 アジア太平洋戦争の再検証』(1996, 中公新書) で詳しく書かれています.この史料はお読みになられたことがおありでしょうか.ぜひ一度,お読みすることをお薦めします.  それからバブル以降,急激に朝日グループが右... [続きを読む]

受信: 2007年8月 5日 (日) 21時39分

» 身辺雑記(10):自転車ツアー.入間川の畔にて,あわや車と側面衝突,坂道を転がして登る14番目の月 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
もう書くこともあまり残っていないのだが,選挙投票日前日三多摩から北関東までの自転車ツーリングの印象を書き止めておきたい.自転車で帰ることだけは決めていたが,時期は未定だった.当初は告示日を過ぎたら直ぐにでも帰るつもりでいたが延び延びになって,気が付くと何時の間にか投票日の前日になっていた.出発が遅れたのは結局ブログから手を抜けなかったということのようだが,雨が降り続いていたというのも理由の一部ではあったかもしれない. 私のブログをワッチしている読者ならお気付きのように,23日辺りから急にアクセ... [続きを読む]

受信: 2007年8月 6日 (月) 15時31分

» マザコン総理は長期政権の夢を見るか [人工樂園]
安倍が信用しているのは中川昭一(政調会長)、塩崎恭久(官房長官)、渡辺喜美(規制改革担当国務大臣)、下村博文(官房副長官)くらいではないか。最近は渡辺喜美が近いようだ。あとは三谷内閣情報官、井上義行(主席秘書官)らの秘書グループと官庁のスタッフ。新聞記者(OBを含む)もついている。それと大きいのは家族。安倍家には長期政権への執念のようなものがある。とくに母親の存在が大きいと思う。  森田実氏の一昨日付コラム「狂乱・孤立の安倍首相を激励しさらに暴走させようとしている仕掛け人群の狙いは何か」から,「永... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 20時59分

« 学会員の皆様へ | トップページ | 小さな、小さな護憲運動、でも…。 »