« 2007年3月25日 - 2007年3月31日 | トップページ | 2007年4月15日 - 2007年4月21日 »

2007年4月8日 - 2007年4月14日の3件の記事

2007年4月12日 (木)

国民投票法案

国民投票法案が緊急事態に入っているようです。お急ぎの方は下段のリンク先に飛んでみて下さい。

内容もよく知らないし与党案と民主党案との違いもよく理解していない私が言うのも何ですが、結局は憲法を変えて海外へ戦争に行ける国にこの国を変えてしまおうという企みなことくらいはおのずとわかります。この国は戦争で辛酸を舐め、近隣諸国にも筆舌に尽くしがたい惨禍を及ぼしたことを深く反省し、二度と戦争をしないことを誓って平和憲法を選んだことは国民の常識であるはずです。

しかるにその国民の代表であるはずの国会議員たちがこぞってこの法案を通そうと躍起になっているのはなんたる裏切り行為でしょう。国民をよその国で必ずや犬死にさせることにつながるこの法案によくもまあ賛成できるものです。彼らにとって憲法が改正された暁には、異国の地で尊い命を落とすのは今の経緯をつゆとも知らない若者たちでしょうし、最愛の人を失って悲嘆に暮れるのも議員たちの家族では決してないでしょう。

Yasukunigiin

自分たちは決して命の危険のない安全地帯にいながら国家のためと称して国民の命を危険にさらす算段をしている国会議員たちというのは何様のつもりなのでしょう。そんなに「国際貢献」とやらがしたかったら「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」宜しく「みんなで米軍のために戦う国会議員の部隊」でも作ってイラクでもイランでも突撃されたらどうでしょうか。全員が見事討ち死になさったらアメリカから感謝され勲章のひとつも貰えるかもしれません。

えっ?自分たちがいなくなったら日本の国がなりゆかなくなるですって?大丈夫です。日本にはあなたがたくらいの優秀な人材は掃いて捨てるほどいてあなたがたの後がまをすぐに埋めてくれるのでこの国はびくともしないはずです。正気を取り戻した日本をどうぞ靖国神社から見守ってやって下さい。

この法案を含め、いくつかのとんでもない法案が緊急事態を迎えているようです。
危険度最大級「国民投票法案」(競艇場から見た風景)
超緊急!与党による4月12日の国会運営の暴走に歯止めをかける電話、ファクス、メールを!(村野瀬玲奈の秘書課広報室)

| | コメント (4) | トラックバック (18)

2007年4月 9日 (月)

東京都知事選

Tochijisen

浅野さんは健闘されましたが得票差からすると完敗です。やはり知名度の問題でしょうか。テレビでもてはやされるようなタイプの人が出ないと勝負にならないということなら悲しいですね。東国原知事が誕生して間もない頃、宮崎県の友人と話をする機会がありました。無党派ではなく自民党や民主党から仮に立候補していたとしても当選していたのではないかとの私の考えにその友人は否定的でしたが、今回の都知事選の結果を見て私はよりその感を強くしました。そのまんま東が今回の都知事選に出ていたらどうだったんだろう、もし田中康夫だったら、筑紫哲也の場合は…等々、頭の中を悔し紛れの妄想が駆けめぐります。

政見放送などじっくり見る人は殆どいないでしょう。今の状況からは望むべくもありませんが、テレビが選挙期間中NHK・民法共同で特集番組を組み、すべての候補者の政策や人となりをなるべく公平に何回も放送するようなことをしないと、結局はテレビ的に知名度が高い人が有利となったり、ふざけて出ているような人もある程度の得票を得てしまうことになるのだと思います。

さて繰り言はこのくらいにしておきます。今回石原都知事の三選を阻止したい一心で、少なからぬ知人や親戚にメールを送ったり、浅野さんへの投票を御願いしました。以前の私からは考えられない行動でした。それだけ危機感が募っているのだと思います。その結果賛同してくれる人がいたり、同じ思いを持っていた人の存在を知ったりと勇気づけられたのも事実です。

向かい風がとても強くなりつつありますが、負けないためにはしっかりと地に足をつけ、まわりの人々と力を合わせて、一歩ずつ足を前に踏み出していくしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年4月 8日 (日)

統一地方選

今日は都知事選の結果が気になり、祈るような思いです。
私の持っているカーボンナノチューブのように細い東京とのパイプを目一杯使って、はじめの一歩さんの檄文をメールしました。
私の県も知事選を迎えていますが、典型的な無風選挙区です。謎の右翼rさんの方式(以下引用)に則り先日共産党候補に期日前投票をすませてきました。

●都道府県議会と市区町村議会選挙は…

・与野党が相乗りしている場合はなるべく「共産党」に入れてください。
地方自治体ならば「外交防衛」は原則として関係ありません。
外交防衛は原則として国の専管事項です。
特に「米軍基地」が「ない」自治体なら「伝統保守」の方々も安心して共産党に入れて下さい。(地方の実情により異なりますが…米軍基地がある自治体でも出来れば共産党に投票して欲しいのですが…)
何故、「共産党」なのかと申しますと、共産党は「反新自由主義政党」だからです。
福祉政策などは共産党の方がよろしいでしょう。

※国民新党の候補者がいるところでは国民新党でも悪くはないでしょう。
但し「与野党が相乗り」している場合は別ですが。

・与野党が対立している場合は野党「民主党」「共産党」「国民新党」など勝てる候補ならば誰でもいいでしょう。

※社民党は割愛しています。

一刻も早く「民主党」「共産党」「国民新党」「社民党」「新党日本」「新党大地」が結束して「反新自由主義・野党連合」を立ち上げて欲しいです。
そうなれば、何も考えずに野党に投票出来るのですが…

さあ、皆さん!
「一票一揆」に参加しましょう!!

『あなたの一票が「宗教票」の一票を無効にする!』
『あなたの一票が「組織票」の一票を無効にする!』

| | コメント (13) | トラックバック (1)

« 2007年3月25日 - 2007年3月31日 | トップページ | 2007年4月15日 - 2007年4月21日 »