« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »

2007年6月17日 - 2007年6月23日の1件の記事

2007年6月21日 (木)

”拉致の安倍”を忘れてはいけない!

Souren

朝鮮総連中央本部の土地と建物売却に関する一連の動きはよくわかりません。公安調査庁の元長官や日弁連の元会長などがあえて関与していることから察するに、ただならぬことなのでしょう。先日のNHKの7時のニュースでもトップで扱い、当事者の一方であるはずの総連幹部ではなく、”元総連幹部”という某氏のインタビューで「今後総連は風船がしぼむように消滅していくだろう」という発言を流したり、テレビ目線の安倍首相のこの件に関するコメントを流したりと、現政府が重要視しているのは確かなようです。今日の1時のニュースでも総連幹部に東京地検特捜部が任意で事情聴取を行ったことを報じていました。

Aberati

公安調査庁の緒方元長官の言葉を借りると、「大使館としての機能を持つ中央本部」ですからもし整理回収機構が明け渡しを要求して代執行などと言うことになったらかなり激しい抵抗が予想されるでしょう。この問題は参院選を前に十分警戒しておかなければならないのではないでしょうか。以下は私の妄想ですが…。

代執行の際に突発的な”事件”が起こったり、その後に”テロ”が起こったりして世情は騒然となり、総連関係者が微罪で一斉検挙される。家宅捜索で拉致関連の”証拠”が押収され、総連つながりで民主党の旧社会党系議員も事情聴取や家宅捜索を受ける。テレビや新聞は連日その報道一色に染まり、そのまま参院選になだれ込んで自公政権はごく僅かに議席を減らすに止まり、民主党内の護憲勢力や社民党、共産党が一掃される

もう一度ことわっておきますが、あくまでも私の”悪い夢”です。

| | コメント (23) | トラックバック (18)

« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »